に投稿 コメントを残す

ペットにCBDは良いのか?私たちはあなたのすべての質問にお答えします

ペットにCBD

ペットのためのCBDとは?


すべての哺乳類は、エンドカンナビノイドシステム、CBDが直接作用する体内の受容体の広範なネットワークを持っています。したがって、CBDは、ペットの猫、犬、馬など、動物たちにとって有益に作用します…

ヘンプ由来のCBDをめぐる誤解が薄れつつある今、ペットのためにCBDを試さない理由はありません。しかし、CBDを疑う人がいるのも理解できます。ここでは、CBDが正しい選択である理由をご紹介します。

なぜペットの栄養にCBDを加えるべきなのでしょうか?

ペットのためのCBDは安全です
世界保健機関(WHO)を含む世界の主要な保健機関は、CBDを人間や動物のための「安全で効果的な」健康法と呼んでいます。

ペット用のCBDが効果的
ペットを対象としたCBDの研究はまだ黎明期にありますが、最近の研究では有望な結果が出ています。 コーネル大学の二重盲検臨床試験 変形性関節症の犬の快適さを向上させるために、ペットのためのCBDの安全性と有効性を判断しようとしました。その結果、CBDは効果的な健康法として支持されました。

ペットのためのCBDは自然
ペットの痛みや他の病気を助けるために使用される一般的な処方薬とは異なり、CBDは100%天然のものです。


CBDオイルは犬や猫にとって多くのメリットがあります。ペットの健康をサポートするために、CBDを含む製品が広く販売されるようになりました。年齢や性別を問わず、ペットの健康維持に役立つCBD成分によって、効果を享受することができます。

CBDのペットへの効果は?

  • 心身の健康
  • リラックス感がある
  • 炎症の正常化
  • 健康的な可動性と関節機能

妊娠中の犬や猫にCBDオイルを与えてもいいですか?

これについての研究はほとんど行われていません。そのため、事前に獣医師に相談されることをお勧めします。

ペットに適したCBDの選び方は?
CBDの市場が拡大に伴い、CBD製品を購入する際に特に注意が必要なのは、太陽と大地で育てたCBDではなく、実験室で栽培されたヘンプのエキスを使用している企業があることです。

ここでは、CBD入りのペットのおやつを選ぶときに何を選ぶべきかご紹介します。

  • CBDの含有量を検証するための利用可能な分析報告書
  • お客様の疑問にお答えし、問題解決のお手伝いをするカスタマーサービスチーム。
  • 製品に使用されているヘンプに関する情報:ブロードスペクトラム、フルスペクトラム、または単離(アイソレート)されたCBD。

ペットにCBDを与えてもいいですか?
すでに個人用のCBDオイルをお持ちの方は、ペットに与える前によく調べてください。人間用に製造された製品の中には、THCや砂糖、人工香料が含まれているものもあり、動物に有害な場合があります。一般的には、合併症を避けるために、ペット用に特別に設計されたオイルにこだわることをお勧めします。


アルペントールでは、ヒューマングレードのCBDをベースにしたペット用製品をオイルの形で提供しています。私たちは、あなたの犬や猫のことはあなたが誰よりもよく知っていると確信していますので、ペットの反応に合わせて最適な容量と投与方法を選択してください。

ペットにCBDを与えるには?

ペットにCBDを与え始める際には、ペットのCBDに対する反応を注意深く観察し、ペットに適した用量を見つけるために適宜調整してください。ペットにCBDを投与する際に便利な投与ガイドは、以下のページに記載されています。

アルペントール キャットケアオイル
アルペントール ドッグケアオイル

長期投与のメリットはありますか?
住宅所有者はすぐに、時には最初の投与から1時間以内にCBDの効果に気づくことができます。しかし、そうでない場合は、効果が実感できるまでに3日から7日かかることもあります。ペットがCBDに慣れてきたら、望ましい結果が出るまでゆっくりと服用量を増やしてください。

何よりも、一定の整合性を保つこと。エンドカンナビノイドシステムの機能改善は、すぐには感じられません。時間をかけて定期的に使用することで、ペットのエンドカンナビノイド受容体に働きかけ、一貫してペットの健康に貢献することができます。

CBDの効果が出るまでにはどのくらいの時間がかかりますか?
CBDがペットに作用するまでの時間は、年齢、体重、活動レベルなど、さまざまな要因によって決まります。また、動物の中には、CBDに対してより強い反応を示す敏感な動物もいます。そのため、推奨される最小量のCBDから始めて、ペットの行動を観察しながら、最適な量を見つけられるまでゆっくりと与えていくのが賢明です。

CBDはペットを「ハイ」にしてくれますか?
絶対にありません。しかし、CBDの効果はペットによって異なります。CBDは高齢の犬を穏やかな気分にさせることができます。CBDは、ペットのリラクゼーションに寄与する体内の成分と相互作用があるだけなのです。

ペットがCBDを過剰摂取しても大丈夫ですか?
いいえ、CBDの過剰摂取はお勧めできません。最悪の場合、CBDを大量に摂取すると、ペットが眠くなったり、吐き気を催すことになります。

ペットがすでに薬を服用している場合、CBDを摂取することはできますか?
ペットの健康増進のためにCBDを加える前に、獣医師に相談することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です