に投稿 コメントを残す

CBDオイルは効果が出るまでどのくらい時間がかかるのか?【結論:本記事3行目】

本記事では、CBDオイルと効果が出るまでの時間について解説しています。結論から書くと、「CBDオイルのCBD含有率によって異なりますし、個人差があります。」

ですが、これだと何も分からないと思うので、おおよその予想を書くと「30分~2時間」くらいです。30分~2時間も待てば効果はあらわれることでしょう。

続きを読む CBDオイルは効果が出るまでどのくらい時間がかかるのか?【結論:本記事3行目】
に投稿 コメントを残す

CBDの巻きタバコにCBDパウダーを使っている必見!【合法なハッシュあり】

本記事では、「巻き煙草にCBDパウダーを混ぜて吸っている方」向けに解説しています。

CBDパウダーもいいけどもっとCBDを感じるものが良いです。CBDを強く感じるCBD商品はありませんか?こういった質問、疑問にお答えしていきます。

続きを読む CBDの巻きタバコにCBDパウダーを使っている必見!【合法なハッシュあり】
に投稿 コメントを残す

CBDの使い方・取り方について簡単に解説する【完全初心者向け】

CBDの取り方について解説します。本記事の内容は「CBDの使い方について」「CBDの摂取量について」の2点です。

これからCBDを使おうと思っている方は、最低限知っておくべき内容となっていますので、しっかりとお読みください。

また、CBDは現在も世界中で研究中であり、まだまだ分かっていないことも多いです。本記事にかかれているのは、現在までに分かっていることとなっておりますが、今後変わることもありますのでご了承ください。

なお、今回の記事はCBD部CBDアドベントカレンダー企画に参加しております。3/24~4/20の期間、毎日日替わりで様々な方々がCBD情報を発信しておりますので、ぜひご覧ください。

では、本題に入ります。

続きを読む CBDの使い方・取り方について簡単に解説する【完全初心者向け】
に投稿 コメントを残す

CBDペンのメリットとデメリットをCBDオイル・グミと比較しながら解説した!

本記事では、CBDペンのメリットとデメリットを解説していきます。

「CBDを試してみたいけど、ペンで摂取するメリットとデメリットが気になります。」こういった方向けに記事を書いているので是非参考にどうぞ。

本記事を読むことで下記について知ることができます。

  • CBDペンのメリットとデメリット
  • CBDペンとCBDオイル、CBDグミの違い
  • CBDペン、CBDグミ、CBDオイルの特徴

  • こういった内容について解説しているので、CBDペンが気になっている方は読んでおくべきでしょう。それでは前置きはこの辺にして、早速本題に入っていきます。

    CBDペンのメリットとデメリットをCBDオイルと比較して解説!

    CBDペンのメリットとデメリットをCBDオイルと比較して解説!

    CBDペンのメリットとデメリットをCBDオイルやCBDグミと比較しつつ解説。結論から書くと、メリットとデメリットは2つずつあり、下記の通りです。

  • メリット①:即効性がある
  • メリット②:ニコチンやタールが入っていない
  • デメリット①:肺にダメージあり
  • デメリット②:効果持続時間が短い

  • それぞれのメリットとデメリットを具体的に解説していきます。

    メリット①:即効性がある

    メリットの1つ目は「即効性があるから」です。

    CBDペンは煙(水蒸気)でCBDを摂取します。
    CBDオイルやグミは口内、舌下、胃で摂取するのに対して、CBDペンは肺からの摂取です。

    CBDを肺で取ることは、摂取方法の中で一番即効性があると言われており、CBDオイルと比較してもその差は歴然。

  • CBDオイル:30分~2時間
  • CBDグミ:30分~2時間
  • CBDペン:0分~30分

  • 上記が効果が表れるまでの時間です。もちろん個人差はありますし、商品やCBD濃度によっても変わりますが、おおよそ上記のように言われております。

    このようにCBDペンは即効性があるので、CBDの効果が欲しいと思ったらすぐに体内に取り入れてCBDを感じることが可能です。

    これがCBDペンでCBDを摂取する1つ目のメリットでしょう。

    メリット②:ニコチンやタールが入っていない

    2つ目のメリットは「ニコチンやタールが入っていない」です。

    基本的に、CBDペンを使用する方の多くはタバコを吸っている方もしくは、タバコに興味がある方でしょう。

    CBDペンにはタバコに入っている「ニコチン」「タール」などが入っていないことが多いです。(商品によっては入っている)
    そのため、依存性がなかったりと体への害が少ないなどのメリットが上げられます。

    またCBDには依存症の緩和などが期待されていることもあり、タバコの依存症を改善できる可能性も持っているのです。

    このようにCBDペンにはニコチン、タールが入っておらずリラックスすることが大きなメリットと言えるでしょう。

    続いて、CBDペンを使用するデメリットについて解説していきます。

    デメリット①:肺にダメージあり

    1つ目のデメリットは「肺にダメージがある」です。

    CBDペンでCBDを摂取しようとすると、先ほども書いた通り煙(水蒸気)を肺から摂取する必要があります。

    しかし熱などもCBDと一緒に摂取しているため、この熱が肺に少なくともダメージを与えてしまうと言われています。
    また、CBDペンによっては不純物を取り除いていないCBDペンも存在するので肺にダメージを与えてしまう可能性も考えておくべきでしょう。

    この不純物の問題は、CBDペンに限らずCBDオイルやCBDグミなどのCBD商品全てに言えることではあります。CBD商品を購入するときは一度安全性について調べるようにしましょう。

    まとめると、CBDペンを摂取するときの熱が肺にダメージを与えてしまう。これが1つ目のデメリットです。

    デメリット②:効果持続時間が短い

    2つ目のデメリットは「効果持続時間が短い」です。

    CBDペンはCBDを早く感じることができますが、CBDを長く感じることはできません。
    こちらも、例外ありの値となってしまうのですが、CBDの効果継続時間は下記の通りとなっています。

  • CBDオイル:6~12時間
  • CBDグミ:6~12時間
  • CBDペン:30分~1時間

  • 即効性はありますが、CBDオイルやCBDグミなどと比べてCBDが消える時間も早いです。
    なので、禁煙に挑戦していてイライラしているときはCBDオイルとかではなく、CBDペンを使うなどの工夫をしながらCBDを使っていくと良いでしょう。

    このように、CBDペンを使っても長く効果を感じられなかったりしてしまうのが、デメリットです。

    デメリットをまとめると「肺にダメージがある」「効果継続時間が短い」こういったものがあります。

    結論:CBDペンとCBDオイル、CBDグミどれが一番良いのか?

    結論:CBDペンとCBDオイル、CBDグミどれが一番良いのか?

    CBDペンのメリットとデメリットは、下記の通りと解説してきました。

  • メリット①:即効性がある
  • メリット②:ニコチンやタールが入っていない
  • デメリット①:肺にダメージあり
  • デメリット②:効果持続時間が短い

  • こういったメリットとデメリットがある中でCBDペンを購入するべきなのでしょうか。

    結論、目的をもってCBDペンを使う分にはオススメ。しかしCBDを摂取する目的であるなら、CBDペンを選ぶ必要はなくCBDオイルやCBDグミで問題なし。

    CBDペンはタバコが気になっている方や、禁煙する気持ちがある方が購入するべきでしょう。

    CBDペン、CBDオイル、CBDグミを特徴別に解説するので、それらを参考に購入するべきものを選ぶと失敗する確率が減ります。

    CBDペンの特徴5つ(メリット・デメリット)

    CBDペンの特徴5つをメリット、デメリットを混ぜつつ紹介。

  • 煙(水蒸気)での摂取
  • タバコの代わりになる
  • 即効性がある
  • 効果の持続時間が短い
  • 肺へのダメージあり

  • メリット、デメリットはあるもののやはり喫煙者向けの摂取方法に部類するでしょう。
    ちなみに、学生がCBDペンを使うことができるのかと疑問を抱く方もいると思うので、そういった方に向けても解説します。

    結論、学生でもCBDを摂取することは可能ですが、CBDペンを購入することはできないことが多いです。
    企業によってはCBDペンの対象年齢を決めているところもあるので、気になる方は確認してみてください。

    CBDオイルの特徴5つ(メリット・デメリット)

    続いて、CBDオイルの特徴を解説。それが下記の通りです。

  • 効果持続時間は長い
  • 即効性なし
  • 使用用途が多い
  • 初心者でも始めやすい
  • 使い方が簡単

  • こういった特徴があります。
    CBDオイルは初心者向けで、使い方や使用用途も多くあることから誰が購入しても、無難に使用することが可能です。

    初めてCBDを使うならCBDオイルを選ぶとよいでしょう。

    CBDグミの特徴5つ(メリット・デメリット)

    最後に、CBDグミの特徴を紹介します。それが下記の通りです。

  • CBD特有の苦みや草っぽさがない
  • 食べるだけというお手軽さ
  • 即効性なし
  • 効果持続時間長め
  • 過剰摂取の危険性あり

  • CBDグミは普通のグミとなんら変わりません。その結果、CBDグミを食べ過ぎてしまう方もいるので注意が必要です。
    味や、匂いに草っぽさがないため誰でも簡単に使うことができます。

    ただ、CBDペンのような即効性はなく、CBDオイルと同様じわじわとCBDを感じる形です。

    CBD特有の匂いや味が苦手なのであれば、CBDグミでCBDを試すと良いでしょう。

    CBDペンのメリットとデメリットをまとめる

    最後にこの記事の内容をまとめていきます。本記事の内容としては、下記の通りでした。

  • CBDペンのメリットとデメリット
  • CBDペンとCBDオイル、CBDグミの違い
  • CBDペン、CBDグミ、CBDオイルの特徴

  • 上記の通り。
    CBDペンのメリットとデメリットはそれぞれ2つありました。

  • メリット①:即効性がある
  • メリット②:ニコチンやタールが入っていない
  • デメリット①:肺にダメージあり
  • デメリット②:効果持続時間が短い

  • こういったメリットとデメリットがあり、喫煙者やたばこが気になっている方向け。
    未成年者や、学生の方は購入できないことがあるので注意が必要です。

    CBDオイルやグミと比較して解説すると即効性があることや、効果継続時間のなさが目立ちます。
    結論、喫煙者とか出なければCBDオイルやCBDグミで良いでしょう。

    それでは、今回はこの辺で終わります。

    に投稿 コメントを残す

    CBDオイルを使った料理と使用するときの注意点!【知らなきゃ効果なし】

    本記事では「CBDオイルをどんな料理に使うのか」「使用するときの注意点」などを解説していきます。

    最近〇〇オイルが流行っているので、CBDオイルに興味を持っている方も多い事でしょう。そういった方はぜひ読んでいただけるとCBDオイルと料理の関係性が分かります。

    CBDオイルに興味がある主婦の方は、特に読むべきです。

    本記事を読むと下記について知ることができます。

  • CBDオイルはどんな使い方ができるのか?
  • CBDオイルと相性の良い食材とは?
  • CBDオイルを使うときの注意点とは?

  • こういった内容を知ることができます。前置きはこれくらいにして早速本題に入っていきましょう。

    CBDオイルを料理に使う方法と注意点を解説する!

    CBDオイルを料理に使う方法と注意点を解説する!

    CBDオイルはどのような料理に使用できるのか?CBDオイルを料理に使うときはどんなことに注意しなければならないのか?を順番に解説していきます。

    CBDオイルを料理に使う理由とは?【CBDオイルの特徴が関係】

    まず、CBDオイルを料理に使う理由としては下記のようなメリットがあるからです。

  • リラックス
  • 欲求の抑制
  • 不安の緩和

  • などなど。

    こういったメリットが、現在多くの主婦に注目されている要因となっているようです。欲求の抑制というと、食に関するものにも当てはまるとのこと。

    CBDは食欲改善などの効果も期待されてることもあり、ダイエットしたい主婦が注目しています。

    このようなメリットがあることからCBDオイルを料理に使う方が増えてきているようです。

    CBDオイルはどんな料理に使われているのか?【料理一覧】

    では、どのような料理にCBDオイルが使用されているのでしょうか。下記のような料理にCBDオイルが使われています。

  • クッキー
  • アイスクリーム
  • チョコレート
  • ケーキ
  • ヨーグルト
  • エナジードリンク
  • 炒め物
  • ドレッシング
  • スープ

  • 基本的には何に混ぜても問題ありません。ただ、多くの方はCBDオイルを甘いものに混ぜる傾向にあります。

    CBDチョコレートやCBDクッキーなどは実際に販売していますし、CBDオイルを混ぜた料理を作るのが面倒だという方は購入しても良いかもしれません。

    →CBDチョコレートの詳細を見てみる

    海外ではCBDを使用した飲食店もオープンしているので、数年後には日本でもCBD飲食店が広がっていく可能性も十分に考えられます。

    続いてはCBDオイルを効果的に体内に取り込むことができる食材もあるので、紹介していきます。

    CBDオイルと相性の良い食品は誰もが知っている〇〇!

    結論から書くと、CBDオイルと相性の良い食品は「乳製品」です。

    というのもCBDは脂溶性であり、脂質に溶ける性質を持っています。そのため、乳製品などの脂を含んでいる食品との相性は抜群です。

    CBDを効果的に摂取したい方は、間違いなく乳製品と一緒に摂取するべきでしょう。と言っても、乳製品とCBDオイルをどのように組み合わせるのか疑問に思う方もいるはず。

    そういった方は下記を参考にしてください。

  • CBDオイルをヨーグルトに混ぜる
  • CBDオイルをホットミルクに溶かす
  • チーズと一緒に食べる

  • こういった感じ。CBDオイルも比較的、高価なものなので効率よく摂取することを推奨します。

    補足:CBDオイルの認知度は高まってきている

    ここで補足ですが、CBDオイルの認知度は徐々に高まってきています。

    なぜならテレビでもCBDオイルが紹介されるようになってきており、CBDオイルの認知度は徐々に日本国内でも高まってきているのです。

    とはいえ、テレビではCBDオイルという名称で扱われておらず「ヘンプシードオイル」といった名称で紹介されています。

    日本国内での、CBDオイルとヘンプシードオイルには違いはないので、同様のものと考えて良いでしょう。

    CBDオイルを料理に使うときの注意点が2つある!

    CBDオイルを料理に使うときの注意点が2つある!

    話は戻り、CBDオイルを料理に混ぜるのを試してみようかなと思う方も増えてきたことでしょう。ただ、CBDオイルを料理と組み合わせる際の注意点があります。それが下記の通り。

  • 熱に弱い
  • 使い過ぎ注意

  • まず、1つ目の注意点は「熱に弱い」ということです。

    CBDオイルは熱に弱いため、オリーブオイルやごま油の変わりに使うと、CBD本来の効果を感じることができなくなってしまいます。なので、熱を持った料理を掛け合わすときは、最後にCBDオイルをかけてあげると良いでしょう。

    2つ目の注意点は「使い過ぎに注意」です。

    CBDオイルはまだまだ分かっていないこともあります。なので、大量に摂取することで軽い副作用などが出る場合もあるため、注意してください。

    また、CBDオイルは特有の苦みを持っているため、大量に入れることで料理自体に苦みを感じてしまい台無しにしてしまう可能性があります。

    なので、CBDオイルを料理に混ぜるさいは、使い過ぎに注意しましょう。

    まとめ:CBDオイルを使った料理と注意点のおさらい

    さて、本記事はこの辺で終わります。最後に、内容をおさらいしていきましょう。

    本記事の内容としては下記の通りでした。

  • CBDオイルはどんな使い方ができるのか?
  • CBDオイルと相性の良い食材とは?
  • CBDオイルを使うときの注意点とは?

  • 上記の通り。それぞれ、復習していきましょう。

    CBDオイルは多くの料理に使うことができます。その中で最も相性の良い食材は乳製品となっています。例えば、

  • 牛乳
  • チーズ
  • ヨーグルト

  • などです。ただ、CBDオイルを使用するさいの注意点は2つあります。それが下記の通りです。

  • 熱に弱いこと
  • 使いすぎること

  • 上記の2点です。CBDは熱に弱いので、火を入れてしまうとCBD本来の効果を感じにくくなるので注意してください。また、料理に入れすぎることで苦みが強くしてしまったり、副作用が起きてしまう恐れがあります。

    この2点だけCBDオイルと料理を組み合わせるときは注意してください。それでは、本記事はこの辺で終わります。

    に投稿 コメントを残す

    CBDグミの最強は1粒で40mgCBDを摂取できる!コスパも最強な件

    本記事では、最強のCBDグミについて解説していきます。「高濃度のCBDグミが欲しいです。」「コスパ最強のCBDグミって何ですか?」こういったお悩みを解決していきます。この記事で分かることは下記の通りです。

  • CBDグミの最強はどの商品か?
  • 何をもってCBDグミの最強を名乗れるのか?
  • 最強のCBDグミにあるメリットとデメリット

  • 上記の内容について本記事では解説していきます。最後まで読むことで、最強のCBDグミを選ぶにあたってどんなことに注意しなければならないのか?結局どのCBDグミが最強なのかを知ることができます。

    それでは、早速本題に入っていきます。

    結論:CBDグミの最強はAlpentolのCBDグミである【理由・根拠あり】

    結論:CBDグミの最強はAlpentolのCBDグミである【理由・根拠あり】

    結論から言うと、最強のCBDグミはAlpentolのCBDグミでしょう。結論だけでは、信ぴょう性がないので理由や根拠も合わせて解説していきます。

    CBDグミの最強に必要な条件とは?

    そもそも、CBDグミの最強を名乗るのに必要な条件は何なのでしょうか。このように考えたときに下記の3つが重要だと思いました。

  • CBDの含有量
  • コスパの良さ
  • 安全性

  • 上記の3つです。これが全て勝っていることでCBDグミの最強を名乗れることができると考えられます。では、一般的なCBDグミとAlpentolのCBDグミでどれほどの違いが出るのかを比較していきましょう。

    一般的なCBDグミ1粒に含まれるCBDの量は5~25mgが大半です。しかしAlpentolのCBDグミは1粒あたり40mgのCBD含有量が含まれています。いかにCBD含有量が多いかが分かっていただけると思います。

    また、コスパの良さもAlpentol CBDグミの良いところです。一般的なCBDグミの平均金額は大体8,000円くらいでした。もちろん内容量にもよりますがAlpentolのCBDグミと同じくらいの量で値段を見るとほとんどが7,000~10,000円ほど。そして、Alpentol CBDグミの値段が8,500円なので、コスパの良さも最強だと言えます。

    とはいえ、CBD含有量がここまで多く、コスパも最強だと「質の悪い麻を使用しているのではないか?」とか「本当に安全なのか?」と心配になる方も多いでしょう。

    しかし、AlpentolのCBDグミは日本の法律に遵守しており、厚生労働省にも認可されている完全に安全なCBDグミなのです。以上の内容を表にまとめると、下記の通りになります。

    Alpentol CBDグミ一般的なCBDグミ
    1粒あたりのCBD含有量40mg5~25mg
    安全性厚生労働省 認可済み日本の法律には遵守している
    値段(税込み)8,500円7,000~10,000円
    AlpentolのCBDグミと一般的CBDグミの比較

    これがAlpentolのCBDグミが最強と言える理由と根拠となります。

    安全性が確保されていないCBDグミは最強と言えない

    意外と多いのが安全性が確保されていないCBDグミです。

    というのも、日本の法律に遵守はしているものの厚生労働省に認可されていないCBDグミが多くなっております。厚生労働省に認可されているCBDグミと認可されていないCBDグミとでは、どのような違いがあるのでしょうか。違いは全部で4つあります。

  • その①:税関に商品を開けられない
  • その②:日本に商品がある
  • その③:書類を提出する必要がない
  • その④:捕まる可能性がない

  • 上記について詳しく知りたい方は「CBDの輸入で逮捕される可能性あり!知らなかったじゃ済まされない!」で解説しています。このようにCBD含有量が多いからと言って、安全性が確保されていないCBDグミは最強とは言えません。なので、購入する際は日本の法律に遵守しているのか?だけでなく厚生労働省にも認可されているかを確認の上購入するのが良いでしょう。

    最強のCBDグミにあるたった1つのデメリットとは?

    最強のCBDグミと言えどもちろんデメリットもあります。それは、最大摂取推奨量があるということです。

    CBDを大量に摂取するとどうなるのかは、今のところ詳しくは分かっていません。あるサイトや本では副作用なしで問題ないとされていますが、実際なところ副作用が起きた方もいるのです。

    そのため、本サイトでは、最大推奨量を決めておりトラブルになるのを避けています。そのため、最強のCBDグミと言えど1日の推奨摂取量が決まっているためたくさん食べることができなくなっています。

    CBDグミをパクパクたくさん食べたい方にとっては、唯一のデメリットと言えるでしょう。メリットとデメリットをまとめると下記の通りです。

  • 1粒でCBDを満喫できる
  • コスパ最強
  • 安全性が高い

  • 1日の推奨摂取量が決まっている

  • 上記を参考に、最強のCBDグミを決めてみると良いでしょう。

    まとめ:CBDグミの最強はAlpentolのCBDグミである

    まとめ:CBDグミの最強はAlpentolのCBDグミである

    さて、最後に本記事の内容をまとめていきます。

  • CBDグミの最強はどの商品か?
  • 何をもってCBDグミの最強を名乗れるのか?
  • 最強のCBDグミにあるメリットとデメリット

  • CBDグミの最強となるには、下記が重要となります。

  • 1粒あたりのCBD含有量が多いこと
  • 値段が比較的安いこと
  • 安全性が高いこと

  • こういったものが重要となってきます。それらを考えたときにCBDグミの最強はAlpentolのCBDグミと考えられます。高濃度のCBDグミが欲しい方や、今までのCBDグミでは満足できない方は一度見てみると良いでしょう。下記にリンクを貼っておきます。

    Alpentolの最強CBDグミを見てみる

    また「現在CBDグミを使用しているけれど効果がなくて諦めている」といった方はCBDグミの効果なしは3つの原因が考えられる【即解決できる】で解決方法を記載しています。

    に投稿 コメントを残す

    CBDの輸入で逮捕される可能性あり!知らなかったじゃ済まされない!

    本記事ではCBDの輸入に関する内容を解説しています。内容としては下記の通り。

  • CBD商品を輸入すると逮捕されるのか?
  • CBD商品の輸入の仕方とは?
  • CBD商品を輸入する際に注意するべき3つのこと

  • これからCBD商品を海外から輸入しようとしている方や、CBD商品を購入しようとしている方は読んでおくべきです。全く知らずにCBD商品を購入していますと最悪逮捕されることも十分に考えられます。

    続きを読む CBDの輸入で逮捕される可能性あり!知らなかったじゃ済まされない!
    に投稿 コメントを残す

    CBDオイルは安全なのか?【厚生労働省に認可されている商品あり】

    本記事では、CBDオイルは安全なのか?について解説しています。「安全なCBDオイルを使用したい」「安全に購入できるCBDオイルを紹介してほしい」こういった悩みを持っている方向けの記事です。この記事を最後まで読むことで下記について知ることができます。

    続きを読む CBDオイルは安全なのか?【厚生労働省に認可されている商品あり】
    に投稿 コメントを残す

    CBDオイルの効果的な使い方について【重要:舌下で摂取する】

    CBDオイル

    本記事では、CBDオイルの効果的な使い方について解説しています。「CBDオイルをこれから使おうと思っている方」「CBDオイルを使っているのに効果が表れない方」こういった方に対して記事を書いています。そして、本記事の内容は下記です。

    続きを読む CBDオイルの効果的な使い方について【重要:舌下で摂取する】
    に投稿 コメントを残す

    CBDとニキビには深い関係性がある!?【肌トラブル持ち必見!】

    CBDとニキビ

    本記事では、CBDとニキビの関係性について解説しています。

    「大人ニキビができてしまった…。」「ニキビのためにいろいろと使用してきたけど、いまいち自分に合ったものが見つからない。」「長年、肌荒れに悩まされています…。」

    続きを読む CBDとニキビには深い関係性がある!?【肌トラブル持ち必見!】