に投稿 コメントを残す

CBDアイソレートの効果と効果的な使い方について解説!

CBDアイソレートの効果

本記事では、CBDアイソレートの効果と効果的な使い方について解説していきます。

また、この記事は「CBDアイソレートでCBDを始めようとしている方」や「CBDアイソレートでCBD効果を高めようとしている方」向けに書いていますので、胃になる方は最後までじっくりとご覧ください。

続きを読む CBDアイソレートの効果と効果的な使い方について解説!
に投稿 1件のコメント

CBDアイソレートとは?【メリットとデメリットを交えながら解説】

CBDアイソレートとは

本記事では、CBDアイソレートとはなにか?というのを中心に解説していきます。その中で、メリットやデメリットを交えながら解説するため、CBD初心者の方は知っておいて損はありません。

また、「CBDアイソレート」という単語は、CBD業界では誰でも知っているような基本的なものであるため、この機会に覚えてしまいましょう。

続きを読む CBDアイソレートとは?【メリットとデメリットを交えながら解説】
に投稿 コメントを残す

CBDオイル: ココナッツオイルとヘンプシードオイルのどちらが良いのか?

CBDオイル

もし CBDオイル 唯一の効果的な治療用化合物は、なぜスプーン一杯を飲み込んで、それを行うことはありませんか?

まあ、残念ながら、体はそうはいきません。きちんと消化して 使用したミネラル/栄養素を吸収するためには 化合物を分解して 腸壁を通って吸収しなければなりません。

続きを読む CBDオイル: ココナッツオイルとヘンプシードオイルのどちらが良いのか?
に投稿 コメントを残す

ペットにCBDは良いのか?私たちはあなたのすべての質問にお答えします

ペットにCBD

ペットのためのCBDとは?


すべての哺乳類は、エンドカンナビノイドシステム、CBDが直接作用する体内の受容体の広範なネットワークを持っています。したがって、CBDは、ペットの猫、犬、馬など、動物たちにとって有益に作用します…

ヘンプ由来のCBDをめぐる誤解が薄れつつある今、ペットのためにCBDを試さない理由はありません。しかし、CBDを疑う人がいるのも理解できます。ここでは、CBDが正しい選択である理由をご紹介します。

続きを読む ペットにCBDは良いのか?私たちはあなたのすべての質問にお答えします
に投稿 コメントを残す

乾癬に対するCBDの効果:その有効性についての科学的研究が教えてくれること

cbd on psoriasis

乾癬にCBDを適用することは、多くの消費者が炎症を軽減しようとするために行うものです。多くの人がそれが効果があると言い、いくつかの人はそれがないと言います。それはこの問題を科学的に見て、重度の皮膚の問題を持つ人々を助けるために何がcannabidiolができるかを学ぶ時が来ました。

LEARN more
に投稿 コメントを残す

CBDの5つの素晴らしい治療的応用

therapeutic applications of cbd

CBDの治療的応用 (カンナビジオール など)はまだ完全にはわかっていません。CBDは大麻に含まれる多くの活性物質の一つです。しかし、THC(テトラヒドロカンナビノール)とは異なり、向精神作用はありません。しかし、これは効果がないという意味ではなく、全く逆の意味です。

CBD(カンナビジオール)の治療的用途は、まだ完全には知られていません。CBDは大麻に含まれる多くの活性物質の一つです。しかし、THC(テトラヒドロカンナビノール)とは異なり、向精神作用はありません。しかし、これは効果がないという意味ではなく、全く逆の意味です。ここでは、知っておくと非常に便利なCBDの5つの治療用途をご紹介します。

1.ニキビ対策の効果

にきびを治療するためにcbd

有名な 臨床研究ジャーナル は、CBDがニキビに効果的な治療法であることを示しています。実際、皮脂腺(皮脂が過剰になるとニキビの原因となります)は、CBDのsebostaticと抗炎症作用に非常に敏感であることが示されています。

2.糖尿病の軽減

CBDで糖尿病を減らすことができます。

糖尿病の発症が観察されたマウスを用いた実験では、直接的または間接的な有益な効果が見られたかどうかを判断するために、CBDを投与した。血糖値に対するカンナビジオールの直接的な効果は示されなかったが、治療によりIL-12脾臓細胞の産生が抑制された。この野蛮な名前の背後には、糖尿病患者の自己免疫疾患の発症に関与する薬剤がある。

3.線維筋痛症

CBDは線維筋痛症に役立ちます

2011年の研究 は、CBD製剤を使用した線維筋痛症の治療のための有望なスタートを示しています。研究に参加した56人のうち半分はCBDを使用し、残りの半分は従来の薬を服用していた; CBDを使用している人は、有害な副作用を回避しながら、強い症状と痛みの緩和を持っていた。

4.統合失調症

CBDによる統合失調症治療

2012年にドイツの研究者グループが、強力な薬であるアミスルプリドとCBDを比較した研究を発表し、42人の患者が両方の用途で治療を受けました。両者の疾患に対する効果は似ていましたが、治療を受けた患者はすべてCBDの副作用がないことがわかりました。

5.クローン病

CBDでクローン病を治療する

腸や消化に影響を与えるクローン病は珍しい病気ではなく、影響を受けた人にとっては非常に障害となる可能性があります。CBDの消化器系と胃腸系に対する天然の抗炎症作用は、この深刻な病気をより良く管理し、重大な副作用のある従来の薬の消費を減らすことが可能になります。

これは、CBDとカンナビジオール(カンナビスエキス)の多くの治療応用例を垣間見ただけです。