に投稿 コメントを残す

CBDの使い方・取り方について簡単に解説する【完全初心者向け】

CBDの取り方について解説します。本記事の内容は「CBDの使い方について」「CBDの摂取量について」の2点です。

これからCBDを使おうと思っている方は、最低限知っておくべき内容となっていますので、しっかりとお読みください。

また、CBDは現在も世界中で研究中であり、まだまだ分かっていないことも多いです。本記事にかかれているのは、現在までに分かっていることとなっておりますが、今後変わることもありますのでご了承ください。

なお、今回の記事はCBD部CBDアドベントカレンダー企画に参加しております。3/24~4/20の期間、毎日日替わりで様々な方々がCBD情報を発信しておりますので、ぜひご覧ください。

では、本題に入ります。

CBDの使い方・取り方について【摂取方法は多くある】

CBDの使い方・取り方について【摂取方法は多くある】

早速ですが、「CBDの取り方」「CBDの使い方」について解説します。結論を書くと、「CBDの取り方」「CBDの使い方」は数多く存在し、何を目的としてCBDを摂取するかによって、使い方や取り方は変わります。

例えば、CBDの使い方・取り方は下記のようなものがあります。

  • 経口摂取
  • 舌下摂取
  • 吸引摂取
  • 経皮摂取

  • 他にも摂取方法はありますが、基本的には上記の4種類です。それぞれどのように摂取するのか簡単に解説します。

    ・その①:経口摂取

    まず、1つ目の摂取方法は「経口摂取」です。

    経口摂取とは、口から栄養を摂取することを指します。CBDの種類でいうと、下記のような商品が該当します。

  • CBDオイル
  • CBDグミ
  • CBDサプリメント
  • CBDクッキー

  • 他にも種類はありますが、基本的には上記の4種類です。

    また、経口摂取した場合のCBD吸収率は約6~15%と言われております。

    ・その②:舌下摂取

    2つ目の摂取方法は、「舌下摂取」です。

    舌下摂取とは、名前の通り「舌の下で摂取すること」を指します。主なCBD商品の種類としては「CBDオイル」でしょう。

    CBDオイルを必要な量「舌下」に垂らして1~2分ほど放置することで舌下からCBDが摂取されていきます。

    舌下でCBDを摂取した場合のCBD吸収率は約6~20%と言われております。

    ・その③:吸引摂取

    3つ目の摂取方法は、「吸引摂取」です。

    吸引摂取は主に煙や水蒸気などを吸うことで肺から摂取することを指します。主なCBD商品の種類としては下記のようなものがあります。

  • CBDペン
  • CBDベイプ
  • ディスポーザー
  • CBDリキッド

  • 他にも違った名称で呼ばれていることもあります。よくネット上で見かけるのは上記のような名称です。

    使い方としては、まず煙(水蒸気)を深く吸い、息を止めます。肺に溜める時間が長いほど良いです。ただ無理はしないようにしてください。その後、ゆっくりと煙(水蒸気)を吐き出してください。

    また、吸引摂取はその他のCBD摂取方法と比較してCBDの効果を感じるまでのスピードがとても早いのが特徴です。吸引摂取でのCBD吸収率は約17~44%と言われております。

    ・その④:経皮摂取

    最後に紹介する摂取方法は「経皮摂取」です。

    経皮摂取とは、皮膚からCBDの効果を取り入れる摂取方法です。主なCBD商品の種類としては下記のようなものがあります。

  • CBDクリーム
  • CBDオイル
  • CBDバスソルト
  • CBDバーム

  • 基本的には肌に塗って使用するものが多いです。詳しくは商品の取扱説明書をお読みください。

    経皮摂取した場合のCBD吸収率は最大で90%と言われております。低いものは低いし、高いものは高いと言えるでしょう。

    CBDはどの使い方・取り方が良いのか?

    CBDの取り方や使い方は多くあると解説しました。そしてどの摂取方法がオススメなのかという疑問に対しての回答としては、CBDをなんの目的で使用するのかによって変わると答えさせていただきます。

    例えば、健康目的として扱う方もいれば、リラックス目的で使用する方もいます。

    それぞれ、使用するべきCBD商品が違うので、目的に合わせた摂取方法を選択するとより良い効果をもたらすと考えられます。

    結論、自分の目的に合わせたCBD商品を選ぶべきです。

    CBDの摂取量について

    CBDの摂取量について

    CBDの使い方は人によって異なり、摂取方法も目的によってことあると上記で解説しました。とはいえCBDを初めて使用する方は、どのくらい摂取すれば良いか分からなかったりするはず。

    なので、摂取量に関する疑問にこの章では答えます。今回答える疑問は下記の通りです。

  • 疑問①:どのように摂取していけば良いか?
  • 疑問②:過剰摂取するとどうなるのか?

  • では早速答えます。

    疑問①:どのように摂取していけば良いか?

    まずは、CBDをどのように摂取していけば良いのか解説します。結論からいうと、「始めは少なめから徐々にCBD摂取量を増やしていくのが望ましい」です。

    というのも、先ほどから書いている通り、CBDの感じ方は個人差があります。そのため、人によってどれほど摂取すれば良いか分かりません。

    なので、>始めは少なめからCBDを摂取して、徐々に増やし自分にとってどのくらいのCBDがベストなのかを見つけていきましょう。

    例えば、始めはCBDを5mgから摂取していき、足りないようであれば5mgずつ増やしていく感じです。このように使用していくことで、自分にあったベストな量を見つけることができます。

    ちなみに、CBD商品によって、CBDの含有量などが違っているため、よく確認して使用してください。

    まとめると、5mgからCBDを摂取し始めて、足りないようであれば5mgずつ増やすしていくのが望ましいです。

    疑問②:過剰摂取するとどうなるのか?

    次に、CBDを過剰摂取するとどうなるのかについて解説していきます。結論から言うと、「副作用が起こる」です。

    例えば、下記のような副作用が出ると考えられます。

  • 頭痛
  • 腹痛
  • 吐き気
  • 眠気

  • しかし、本や他サイトの情報によっては「CBDには副作用がない」と書いてあることもあります。CBDを過剰摂取しても「重篤な危険性はない」と言われており、実際に重篤な副作用が出たといった報告はされていません。

    なので、副作用に対しては注意はしつつ使用していくのが良いでしょう。CBDはまだまだ分かっていないことも多く存在するので、探り探り使用していくことを推奨します。

    結論、CBDを過剰摂取すると、軽度な副作用が出る場合はあります。

    まとめ

    最後にこの記事の内容をまとめます。この記事で書いた内容は下記の通りです。

  • CBDの使い方について
  • CBDの摂取量について

  • それぞれ簡単におさらいすると、下記の結論になります。

    CBDの使い方や取り方は、多く存在します。なので、目的によってCBDの使い方や取り方は変えるべきです。また、摂取方法としては下記のものがありました。

  • 経口摂取
  • 舌下摂取
  • 吸引摂取
  • 経皮摂取

  • 上記の摂取方法から目的に応じて決めていくのが良いでしょう。そして、それぞれの使い方や吸収率も解説したのでそれらも参考に考えることをオススメします。

    また、CBD摂取方法についての疑問に関する結論は、「始めはCBDを5mgほどから摂取し始めて、足りないようであれば5mgずつ増やしていく」のが一番良い方法です。

    また、過剰に摂取することで、副作用などが現れる場合もあるため、注意しながら使用してください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です