に投稿 コメントを残す

CBDはキマるのか?キマる方法はある?【CBD初心者向け】

CBDでキマるのか

本記事では、CBDを使用することで、キマるのか?また、CBDでキマる方法はあるのか?について解説します。

CBDをこれから使用しようとしている方の多くは、「キマったりしないかな?」「ハイになったらどうしよう…。」などど不安に思っているでしう。なので、この記事では、CBD初心者に向けて正しい情報を示していきます。

~この記事で分かること~
・CBDでキマるのかどうか?
・CBDでキマる方法はあるのか?


こういった内容について解説してきます。それでは、早速本題に移っていきましょう。

CBDでキマるのか?【結論:成分的にCBDでキマることはない】

CBDでキマるのか?【結論:成分的にCBDでキマることはない】

CBDを使用することで、キマるのでしょうか。結論から言うと、CBDを使用してもキマりません。

CBDを使用してもキマらない理由を証拠や根拠を示しつつ解説します。

CBDではキマらない!【キマるのは別の成分(THC)である】

CBDではキマりません。

理由は単純で、CBDには「キマる」という効果はないからです。というのも、CBDでキマるのか不安に思っている方は「CBDが大麻から抽出されているから」だと思います。

しかし、CBDという成分自体に「陶酔効果」や「ハイになる効果」はありません。では、なぜ大麻を使用するとハイになったりキマったりするのでしょうか。

理由は一つ。「CBDの他にTHCという成分が大麻から抽出されるから」です。

大麻には大きく分けて二つの成分があります。それが「CBD」と「THC」です。そして摂取することでキマるのが、THCの成分ということが判明しています。

とはいえ、まだ「不安な方」や「心配している方」もいるはず。ですが、日本の法律上「CBD」は合法であり「THC」は違法なのです。ではなぜ片方は合法で、片方は違法なのか。それは「向精神作用があるかないか」です。そのため、合法であるCBDは摂取したところでキマることは基本的にありません。

CBDでキマる方法はあるの?【フルスペクトラムを使えばOK】

CBDでキマる方法はあるの?【フルスペクトラムを使えばOK】

結論から言うと、CBDでなんとなくキマる方法は2つあります。ですが、効果を約束するものではありませんし、本サイトでは推奨しておりませんので、ご注意ください。

CBDでキマる方法2つは下記の通りです。

・その①:CBDフルスペクトラムを摂取する
・その②:CBDを大量摂取する

上記の2つがキマる感じを味わうことができます。それぞれ具体的にどういうことなのか解説していきます。

その①:CBDフルスペクトラムを摂取する

まず、CBDを使用してキマる感じを味わう1つ目の方法は「CBDフルスペクトラムを摂取する」です。

CBD商品は全部で3種類に分けることができます。

・CBDアイソレート
・CBDブロードスペクトラム
・CBDフルスペクトラム

上記の通りです。この中でキマった感覚を味わえるのは「CBDフルスペクトラム」でしょう。3つの違いについて知らない方は「CBDフルスペクトラムとCBDブロードスペクトラムの違いを解説!」で解説しています。


CBDフルスペクトラムは、大麻から成分の抽出をせずに、全ての成分を使用していることから「THC」も摂取することができます。そのため、日本では販売されていることがないです。

ですが、CBDを使用してキマる感じを味わう方法としては「CBDフルスペクトラムを使用する」というのがひとつあります。注意点としては、日本でTHCの入ったCBDオイルを使用したり所持をするのは違法ですのでやめましょう。

あくまで、ひとつの方法として紹介しています。また、CBDを強く感じたい方は「CBDブロードスペクトラム」を使用すると良いでしょう。その理由については「CBDブロードスペクトラムの特徴とは?」にて確認してみてください。

その②:CBDを大量摂取する

二つ目のCBDを使用してキマる感じを味わう方法は「CBDを大量に摂取する」です。

CBDを大量に摂取することで、キマる感じを味わうことができます。ハイになることはありませんが、CBDを摂取すると「ホッ」とする感じになるため、多く摂ることで「ふわふわ」した感じになると言われているのです。

とはいえ、CBDは安価で購入できるものではありません。ですので、キマりたいという理由で大量に摂取することを推奨することはしませんが、ひとつの方法としてこの方法があります。

ちなみに、大量摂取するとキマる感じを味わうことは確かにできますが、デメリットもあることは認知しておくべきでしょう。

CBDでキマりたい方が知っておくべきデメリット2つ

CBDでキマりたい方が知っておくべきデメリットは全部で2つあります。それが下記に通りです。

・デメリット①:お金が結構かかる
・デメリット②:副作用がある

上記の2つのデメリットがあります。先ほども書いていますが、CBDオイルとかは決して安価なものではありません。質が良いものや、CBD濃度が高いものになればなるほど、値段は高くなります。そのため、気軽に大量摂取することは難しいでしょう。これが1つ目のデメリットです。

次に、大量にCBDを摂取することにより、副作用が表れる可能性があります。基本的にCBDでは副作用はないと言われていますが、事実CBDを使用した方の中には副作用が表れたと言っている方もいるため、ある程度、副作用があることも頭に入れておくべきでしょう。

ちなみに、CBDを大量摂取することで表れるであろう副作用は下記の通りです。

・その①:頭痛
・その②:吐き気
・その③:腹痛
・その④:だるさ

このような副作用が実際に大量摂取した方に表れています。なので、CBDを大量に摂取してキマりたい方は、デメリットを知ったうえで摂取するようにして下さい。また、本サイトでは、大量にCBDを摂取することは推奨していませんのでご理解ください。

CBDはキマるのか?についてまとめる

最後に、この記事の内容をまとめます。本記事では、下記の2点について書きました。

・CBDを使用してキマるのか?
・CBDでキマる方法はあるのか?

上記の2点です。これからの結論を書くと下記の通り。

CBDを使用してもキマることはありません。理由はもともとCBDにはキマる(ハイになる)効果はないためです。しかし、CBDでキマる雰囲気を味わうことはできます。

「CBDフルスペクトラムを使用する」「CBDを大量に摂取する」か、です。とはいえ、本記事では両方とも推奨しておりません。理由は、CBDフルスペクトラムはTHCが入っているため日本での使用や、所持が認められていないから。

また、大量にCBDを摂取すると「ふわふわ」した感じになりますが、副作用が表れる可能性があります。そのため、こちらも推奨していません。

こういったデメリットを知ったうえでCBDを摂取してキマる感じを味わってください。

ちなみに、CBD初心者に言いたいのは、「CBDを普通に扱う分には何の問題もない」ということを最後に言っておきます。

では、本記事の内容は以上です。

キマらない安全なCBDオイルを使用したい方へ

ここからは、キマらない安全なCBDオイルを使用したい方向けの内容になります。

日本では、CBDオイルを購入するにあたって政府の許可などが必要となるのですが、中には厚生労働省から安全性が認められてり国内での販売許可が下りているものがあるのです。

こういった安全性が保障されているCBDオイルをここから紹介していきます。結論、「Alpentol CBDオイル」が厚生労働省に安全証明されているので良いです。


キマらない安全なCBDオイルを使用したい方へ

実際に、使用した方の口コミなども書かれているので、見てみて下さい。

AlpentolのCBDオイルのレビュー内容をみてみる
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です