に投稿 コメントを残す

CBDを過剰摂取しても平気?【副作用はある事実】

CBDを過剰摂取

本記事では、CBDを過剰摂取した場合、どうなるのかについて解説しています。

・CBDの過剰摂取が心配な方
・CBDをこれから使用する方

こういった方向けに記事を書いているので、参考にしてください。

この記事で分かる内容は下記の通りです。

~この記事で分かること~
・CBDを過剰摂取したらどうなるのか?
・CBDの過剰摂取で中毒や依存症になるのか?
・CBD過剰摂取しないために気をつけること

最後まで読むと、上記の3点について知ることができます。それでは早速、上から順に解説していきます。

CBDを過剰摂取したらどうなる?【副作用の可能性あり】

結論から言うと、CBDを過剰摂取すると、副作用が表れます。ですが、CBDの副作用は感じる方もいれば、感じない方もいる個人差が大きく表れるものです。なので、実際に使用しつつ様子を見るのが良いでしょう。

CBDを過剰摂取した場合の副作用とは?

CBDを過剰摂取した場合に表れる副作用とは一体どんなものなのか。下記に記します。

・その①:倦怠感
・その②:睡魔
・その③:下痢
・その④:頭痛
・その⑤:血圧が下がる
・その⑥:食欲の減退

こういったものが、CBDの過剰摂取で起こる副作用です。この他にも副作用として起こる可能性は十分にあり得ますが、基本的には上記の副作用が報告されています。

副作用が起きた場合は、

・CBDの量を減らす
・CBDを一度やめる
・かかりつけ医に相談する

などの対応を取ってください。

CBDはどのくらいで過剰摂取になるのか

CBDにはこれといって、摂取してはいけない量などは決まっていませんが、本サイトでは、約70mgとしています。

ですが、身体の大きさ、つまり体重によって摂取量が変わってくるので、あくまでも参考の値と考えてください。そして、何か疾患を抱えている方が使用する場合は、医師や薬剤師に相談の上、使用するようにして下さい。

CBDの過剰摂取で中毒や依存症にならないのか?

CBDをこれから使用しようとしている方は、CBDを過剰摂取することで、中毒や依存症にならないのか心配になる方も多いでしょう。
ですが、ご安心下さい。CBDを過剰に摂取したところで、中毒になったり、依存症になることはありません。

理由は、CBD自体に中毒性や依存症になる効果や英文は含まれてないのです。CBDは麻から抽出されているということもあり、中毒性や依存性があると考えられがちですが、そのようなことはありません。

ですので、ご安心してご使用いただけます。

ちなみに、補足ですが依存性や中毒性があるのは、THCでして、CBDとは関係ありません。日本では、THCの摂取は禁止されているので、CBD所y品を購入する際は十分に注意して下さい。

CBDの過剰摂取をしないために気を付ける3つポイント

本記事では、CBDを過剰摂取すると、副作用などが出ると説明してきました。その中で、CBDを過剰摂取しないように注意することも大切ですので、気を付けるポイントを3つ紹介します。それが以下の通りです。

・ポイント①:少なめから摂取する
・ポイント②:濃度や含有量を確認する
・ポイント③:CBDオイルから始める

上記のポイントで、CBDの過剰摂取を避けることが可能です。それぞれ解説します。

ポイント①:少なめから摂取する

CBDの量を少なめから摂取していきましょう。そして徐々に摂取量を増やすことで、CBDの過剰摂取を防ぐことが可能です。

どのくらいの摂取からしていけば良いのかというと、一回5mgのCBD量から始めていくと良いでしょう。5mgで効果が分からなかったり、満足度が低い場合は、5mgずつ摂取量を増やしていくのがベストです。

こういったCBDの摂取の仕方をすると安全に過剰摂取することなくCBDを満喫することができます。

ポイント②:濃度や含有量を確認する

ポイントの2つ目は、「濃度やCBD含有量を確認する」です。

CBD商品には、CBD含有量とCBD濃度というものがあります。

例えば、CBDクッキーやCBDグミの場合、1粒・1個あたりに含まれるCBDの量がCBD含有量。
CBDオイル1本に含まれれている割合がCBD濃度です。

なので、CBD含有量であれば、少ない量のものを購入し複数個、摂取することで過剰摂取になることはないでしょう。また、CBDオイルの場合は低濃度のものを購入して摂取すれば、問題ないです。

このように、低濃度または、CBD含有量が少ないものを選択することが、過剰摂取をしない2つ目のポイントとなってきます。

ポイント③:CBDオイルから始める

CBDを過剰摂取しない3つ目のポイントは、CBDオイルから始めることです。

というのも、CBDグミヤCBDクッキー、CBDチョコレートなどは、普通のお菓子のように美味しいため食べ過ぎてしまうという難点があります。すると、お菓子を食べている感覚でCBDも共に摂取してしまうため、過剰摂取という結果に。

こういった問題をなくすためにCBDオイルで摂取するのが一番おすすめできます。実際に、私たちの会社では、CBDをこれから始めたい方向けのCBDオイル、つまり過剰摂取しすぎないようなCBDオイルを販売しています。

気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

AlpentolのCBDオイルはこちらで解説しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です