に投稿 コメントを残す

CBDオイルの効果的な使い方について【重要:舌下で摂取する】

CBDオイル

本記事では、CBDオイルの効果的な使い方について解説しています。「CBDオイルをこれから使おうと思っている方」「CBDオイルを使っているのに効果が表れない方」こういった方に対して記事を書いています。そして、本記事の内容は下記です。

  • CBDオイルの効果的な使い方
  • CBDオイルの効果がない理由3つ

  • 上記の内容について解説します。この記事を読むことで、CBDオイルの使い方に困ることがなくなりますし、せっかく購入したのに損したといったことにならずに済みます。

    また、今まで使用してきて効果的じゃなかった方も今一度見直してみてください。それでは、早速本題に入っていきます。

    CBDオイルの効果的な使い方について【ポイント:舌下で摂取する】

    では、早速CBDの効果的な使い方について解説します。結論を先に書くと、舌下でCBDオイルを摂取することがポイントです。

    CBDオイルの効果的な使い方の手順【3ステップを意識】

    CBDオイルを効果的に使うには、正しい使い方で正しい手順を必要とします。その流れが下記の通りです。

  • STEP1:CBDオイルを舌下に垂らす
  • STEP2:1~2分くらい舌下で舐める
  • STEP3:口内全体で転がして飲み込む

  • 上記の3ステップでCBDオイルを摂取することで効果的となります。そもそも、なぜCBDオイルを飲むとか、食品に混ぜて食べるとかしないのかと、疑問に思う方もいるでしょう。しかし、それには理由があります。

    まず、「口に含んですぐに飲み込まない」「CBDオイルを舌下で摂取する」理由としては、舌下には大きな血管があるからです。小さな血管よりも大きな血管の方がCBDが早く確実に摂取されます。

    そのため、舌下摂取をして「吸収率」や「CBDを感じるスピード」を効率よくしているのです。

    もちろん、経口摂取で効果がないというわけではありませんが、CBDを効果的に、効率よく摂取するには舌下摂取をすることが一番でしょう。そして、CBDオイルを使用している方は、必ず上記のステップで摂取してください。

    CBDオイルの効果がない理由3つを解説する

    CBDオイルの効果がない理由3つを解説する

    CBDオイルの効果的な摂取方法が分かったところで、続いてCBDオイルの効果がない理由について解説します。CBDオイルを摂取するにあたって、下記のようなことをしている方は注意しましょう。

  • その①:CBDオイルを飲む
  • その②:CBDオイルを火にかける
  • その③:CBDオイルの濃度、摂取量が少ない

  • 上記に心当たりがある方は、CBDオイルを摂取しても効果がないと思っているかもしれません。それぞれ、具体的に解説していきます。

    ・その①:CBDオイルを飲む

    まず、一つ目のCBDオイルの効果がない理由は「CBDオイルを飲んでいるから」です。

    先ほども解説した通り、CBDオイルを飲んでいる方はCBDの吸収率が悪いことから効果がなかったりする場合があります。ちなみに、CBDオイルを経口摂取しても「効果がない」というわけではありません。ただ、吸収率が悪くなってしまうので、その分多くのCBDオイルを摂取しなければならなくなってしまいコストパフォーマンスが悪くなってしまいます。

    解決方法としては、下記の2点が良いでしょう。

  • 解決方法①:CBDオイルを舌下摂取する
  • 解決方法②:CBDオイルの濃度を濃くする
  • 解決方法③:CBDオイルの摂取量を増やす

  • 上記の方法がベストでしょう。舌下摂取するのは、味や匂いが苦手な方にとっては厳しいかもしれません。しかし、CBDオイルは決して安価なものではないので、一瞬我慢することで解決することができます。

    「舌下摂取しているよ。」って方はそもそもCBDオイルの濃度が低かったり、摂取量が少ないのかもしれません。この機会にCBDオイルを変更したり、摂取量を増やして様子を見てみてはいかがでしょうか。

    AlpentolのCBDオイル CBD10%を見てみる
    AlpentolのCBDオイル CBD20%を見てみる

    ・その②:CBDオイルを火にかける

    二つ目のCBDオイルの効果がない理由は「CBDオイルを火にかけている」です。

    理由はCBDオイルはオメガ3脂肪酸が入っているから。オメガ3脂肪酸は熱に弱いので、上手くCBDを摂取することができなくなっている可能性があります。

    例えば、料理(炒め物など)にCBDオイルを使用して作っていたり、熱い料理にかけている場合は、身体がCBDを上手く吸収出来ていないことが考えられます。CBDオイルに熱を加えてしまうと、CBDの吸収率が下がってしまうので効果的とは言えません。

    こういった失敗をしていた方の解決方法としては3つ挙げられます。それが下記の通りです。

  • 舌下摂取に変更する
  • 冷たいものと一緒に摂取する
  • 経皮摂取

  • 上記の3点で解決することができます。自分に合った解決方法で効果的にCBDオイルを摂取してください。

    ・その③:CBDオイルの濃度、摂取量が少ない

    三つ目のCBDオイルの効果がない理由は「CBDオイルの濃度、摂取量が少ないから」です。

    これは、先ほども書いた通り、自身に合ったCBDの摂取量がしっかりと取れていないため効果がないということでしょう。CBDの摂取量や濃度の濃さは人それぞれベストな量は違います。そのため、「効果がない!」という方は「摂取量を増やす」もしくは、「CBDの濃度をあげる」こういったことをしてみてください。

    例えば、現在のCBDオイルの濃度が10%であるなら、20%に変えてみるとか工夫すると良いでしょう。また、CBDオイルを1回で3滴摂取している方は5滴、6滴に増やしてみるのも効果的な摂取方法です。

    こういったように、CBDオイルに効果がないといった方は、摂取方法を工夫して変えていくと自分に合ったものになります。

    CBDオイルの効果的な使い方をまとめる

    CBDオイルの効果的な使い方をまとめる