に投稿 コメントを残す

AlpentolのCBDチョコレートでストレスを低減し幸福度を上げる

CBDチョコレート

本記事では、AlpentolのCBDチョコレートを食べることで、どのような恩恵を得ることができるのか、また、どんな人がCBDチョコレートを食べるべきなのかなどについて解説していきます。

~この記事を読むべき人~
・午後からの仕事に集中したい人
・仕事にストレスがある人
・昼寝で脳をリラックスさせたい人

こういった方向けに記事を書いています。簡単に言うと、主婦やお仕事をしている(働いている)方向けです。

主婦の方は、家事や子育てに追われ、朝早くから大変でしょう。そういった時に、昼寝をして脳や体を休めたい方も多いはず。働いている方は、お昼ごはんの後は、眠気が襲ってきて、いまいち仕事に集中できなかったりしますよね。そんなときに、もっと集中して仕事がしたいと思うはず。

このように、思い当たる節がある方は、ぜひこの記事を最後までお読みください。きっと助けになるはずです。

~この記事で分かること~
・CBDチョコレートを食べて得られる効果
・CBDチョコレートを食べる際の3つの注意点
・CBDチョコレートを選ぶ際のポイント3つ

最後までこの記事を読むと、上記の内容について知ることができます。では、早速本題へ移っていきましょう。

CBDチョコレートを食べて得られる効果とは?

CBDチョコレートを食べることで、得られる効果は下記の通りです。

・その①:リラックス効果
・その②:幸福度UP

こういったものを感じることができます。他にも、CBDが入っていないチョコレート本体には、ポリフェノールが大量に含まれているので、健康志向の方には嬉しいでしょう。

健康志向のチョコレート市場は伸びている事実

健康志向のチョコレート市場は3年前から現在にかけて伸びています。

今までに、多くのチョコレートが販売されてきました。例えば、GAVAのような睡眠の質を高めるチョコレート、ストレスを低減するチョコレートなどです。その他にも、目の疲労感を軽減するLIBERAのチョコレートなんかも見たことがあるのではないでしょうか。

このように、スーパーやコンビニに行くと、健康志向のチョコレートを見ることが多くなってきたと思われます。そんな中、次世代の健康志向チョコレートとして、現れたのはCBDチョコレートです。

CBDチョコレートは、その名の通り、CBD×チョコレートを掛け合わせたものであり、海外ではもうすでに一般的に販売しています。日本では、通販での購入が一般的であり、最近では伊勢丹でも購入できるようになりました。

このように着実に日本にもCBDチョコレートは参入してきており、今チョコレート業界でもCBDチョコレートは注目されているものです。

そのため、今後CBDチョコレートを目にすることが多くなると考えられます。

CBDチョコレートはストレスを低減したり幸福度を上げる

CBDチョコレートのCBDとカカオによって、ストレスを低減したり幸福度を上げることができます。

そのため、仕事でストレスが溜まっている方や、家事や育児で疲れた方にぴったりです。仕事場で人間関係でストレスがたまる方もいるでしょう。
家事や育児で悩み、疲労感がたまり疲れる主婦の方も多いのではないでしょうか。

そういった時にCBDチョコレートを食べると、ストレスを低減することができます。他にも、疲労感を回復させるためにお昼寝の質も上げられるかもしれません。ちょっと一息つきたいときにCBDチョコレートを食べると、落ち着けるはずです。

CBDチョコレートに期待していきましょう。

CBDチョコレートを選ぶ際のポイント3つ!

CBDチョコレートの人気が日本でも高まってきている中で、どんなCBDチョコレートを購入すれば良いのか、疑問に思う方もいるでしょう。そういった方は、3つのポイントを意識して、CBDチョコレートを選ぶと良いです。そのポイントが下記の通りです。

・ポイント①:CBD含有量を確認する
・ポイント②:カカオの量を確認する
・ポイント③:どのくらいの甘味か確認する

上記の3つのポイントを意識すれば、CBDチョコレートの選択で失敗しないでしょう。それぞれ詳しく解説していきます。

ポイント①:CBD含有量を確認する

まず、CBDチョコレートに含まれるCBDの量を確認しましょう。

なぜなら、個人差はありますが、少量のCBDなら摂取しても、あまり変わりません。そのため、どのくらいのCBDが入っているのかを確認するべきです。CBD含有量が多いCBDチョコレートを選んで、少量から食べていくのが一番。

流れとしては、5mgのCBD摂取量から徐々に増やしていくと良いでしょう。その中で、自分にとって満足するCBDの量が分かると思うので、あとはご自身で調整してください。

まとめると、CBDの含有量が少なすぎるCBDチョコレートは注意しましょう。そして、CBDがしっかりと入っているCBDチョコレートを購入し、少量ずつ食べていってください。

ポイント②:カカオの量を確認する

次のポイントは、カカオの量を確認することです。

というのも、健康志向のチョコレートには、カカオが多く含まれています。なので、甘味を優先したミルクチョコなどではなく、ダークチョコレートあたりが良いでしょう。

理由は、カカオが多い方がポリフェノールを摂取することができるからです。また、チョコレートの糖分がストレスの低減や、脳を活性化させると考えている方も多いと思います。

しかし、糖分が高いとカロリーが気になったりするので、微妙な点が多い。そこで糖分で得られる効果をカバーしてくれるのが、CBDなのです。CBDにはリラックス効果などが期待されているため、糖分を多く摂らなくても、ストレスを低減してくれたりします。

なので、CBDチョコレートを選ぶ際は、カカオの量確認してミルクチョコレートなどのように、甘すぎないものを選びましょう。

ポイント③:どのくらいの甘味か確認する

CBDチョコレートがどのくらいの甘味なのかレビューや口コミで確認しましょう。

甘味を気にしなければいけない理由は、CBDが苦いから。先ほどミルクチョコレートなどの糖分が高いものは控えるべきと言いましたが、それでもある程度の甘味が必要です。そうでないと、CBDの苦いとカカオの苦みで美味しくなくなってしまいます。

なので、カカオの量は60~70%あたりがベストでしょう。この絶妙なバランスが大切です。

まとめ:CBDチョコレートで充実した一日にしよう

CBDチョコレートで充実した一日にしていきましょう。チョコレートを食べたいときは決まって、ストレスが溜まっているときです。そのような時に仕事をしたり、無理して家事をしても体が休まることはありません。むしろどんどんストレスが大きくなっていきます。

このような問題を解決するために、CBDチョコレートを利用しましょう。60~70%のカカオを使用したCBD含有量が多めのCBDチョコレートを選ぶことで、気持ちを楽にして一日を過ごすことができるようになります。

ちなみに、カカオ66%でCBD含有量が1箱400g入っているCBDチョコレートがあり、それが下記の商品です。

このCBDチョコレートはスイス製のチョコレートで、最高品質のクリオロ66%のカカオ豆を使用したものです。また、着色料や保存料が未使用の天然のチョコレートであるため、身体にも良い商品となっています。

日本でも大人気のスイスチョコレートにCBDを混ぜた大人気のCBDチョコレートですので、ご賞味ください。
また、大人気のため、すぐに売り切れてしまうのでご了承ください。

AlpentolのCBDチョコレートはこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です