に投稿 コメントを残す

CBDペンのメリットとデメリットをCBDオイル・グミと比較しながら解説した!

本記事では、CBDペンのメリットとデメリットを解説していきます。

「CBDを試してみたいけど、ペンで摂取するメリットとデメリットが気になります。」こういった方向けに記事を書いているので是非参考にどうぞ。

本記事を読むことで下記について知ることができます。

  • CBDペンのメリットとデメリット
  • CBDペンとCBDオイル、CBDグミの違い
  • CBDペン、CBDグミ、CBDオイルの特徴

  • こういった内容について解説しているので、CBDペンが気になっている方は読んでおくべきでしょう。それでは前置きはこの辺にして、早速本題に入っていきます。

    CBDペンのメリットとデメリットをCBDオイルと比較して解説!

    CBDペンのメリットとデメリットをCBDオイルと比較して解説!

    CBDペンのメリットとデメリットをCBDオイルやCBDグミと比較しつつ解説。結論から書くと、メリットとデメリットは2つずつあり、下記の通りです。

  • メリット①:即効性がある
  • メリット②:ニコチンやタールが入っていない
  • デメリット①:肺にダメージあり
  • デメリット②:効果持続時間が短い

  • それぞれのメリットとデメリットを具体的に解説していきます。

    メリット①:即効性がある

    メリットの1つ目は「即効性があるから」です。

    CBDペンは煙(水蒸気)でCBDを摂取します。
    CBDオイルやグミは口内、舌下、胃で摂取するのに対して、CBDペンは肺からの摂取です。

    CBDを肺で取ることは、摂取方法の中で一番即効性があると言われており、CBDオイルと比較してもその差は歴然。

  • CBDオイル:30分~2時間
  • CBDグミ:30分~2時間
  • CBDペン:0分~30分

  • 上記が効果が表れるまでの時間です。もちろん個人差はありますし、商品やCBD濃度によっても変わりますが、おおよそ上記のように言われております。

    このようにCBDペンは即効性があるので、CBDの効果が欲しいと思ったらすぐに体内に取り入れてCBDを感じることが可能です。

    これがCBDペンでCBDを摂取する1つ目のメリットでしょう。

    メリット②:ニコチンやタールが入っていない

    2つ目のメリットは「ニコチンやタールが入っていない」です。

    基本的に、CBDペンを使用する方の多くはタバコを吸っている方もしくは、タバコに興味がある方でしょう。

    CBDペンにはタバコに入っている「ニコチン」「タール」などが入っていないことが多いです。(商品によっては入っている)
    そのため、依存性がなかったりと体への害が少ないなどのメリットが上げられます。

    またCBDには依存症の緩和などが期待されていることもあり、タバコの依存症を改善できる可能性も持っているのです。

    このようにCBDペンにはニコチン、タールが入っておらずリラックスすることが大きなメリットと言えるでしょう。

    続いて、CBDペンを使用するデメリットについて解説していきます。

    デメリット①:肺にダメージあり

    1つ目のデメリットは「肺にダメージがある」です。

    CBDペンでCBDを摂取しようとすると、先ほども書いた通り煙(水蒸気)を肺から摂取する必要があります。

    しかし熱などもCBDと一緒に摂取しているため、この熱が肺に少なくともダメージを与えてしまうと言われています。
    また、CBDペンによっては不純物を取り除いていないCBDペンも存在するので肺にダメージを与えてしまう可能性も考えておくべきでしょう。

    この不純物の問題は、CBDペンに限らずCBDオイルやCBDグミなどのCBD商品全てに言えることではあります。CBD商品を購入するときは一度安全性について調べるようにしましょう。

    まとめると、CBDペンを摂取するときの熱が肺にダメージを与えてしまう。これが1つ目のデメリットです。

    デメリット②:効果持続時間が短い

    2つ目のデメリットは「効果持続時間が短い」です。

    CBDペンはCBDを早く感じることができますが、CBDを長く感じることはできません。
    こちらも、例外ありの値となってしまうのですが、CBDの効果継続時間は下記の通りとなっています。

  • CBDオイル:6~12時間
  • CBDグミ:6~12時間
  • CBDペン:30分~1時間

  • 即効性はありますが、CBDオイルやCBDグミなどと比べてCBDが消える時間も早いです。
    なので、禁煙に挑戦していてイライラしているときはCBDオイルとかではなく、CBDペンを使うなどの工夫をしながらCBDを使っていくと良いでしょう。

    このように、CBDペンを使っても長く効果を感じられなかったりしてしまうのが、デメリットです。

    デメリットをまとめると「肺にダメージがある」「効果継続時間が短い」こういったものがあります。

    結論:CBDペンとCBDオイル、CBDグミどれが一番良いのか?

    結論:CBDペンとCBDオイル、CBDグミどれが一番良いのか?

    CBDペンのメリットとデメリットは、下記の通りと解説してきました。

  • メリット①:即効性がある
  • メリット②:ニコチンやタールが入っていない
  • デメリット①:肺にダメージあり
  • デメリット②:効果持続時間が短い

  • こういったメリットとデメリットがある中でCBDペンを購入するべきなのでしょうか。

    結論、目的をもってCBDペンを使う分にはオススメ。しかしCBDを摂取する目的であるなら、CBDペンを選ぶ必要はなくCBDオイルやCBDグミで問題なし。

    CBDペンはタバコが気になっている方や、禁煙する気持ちがある方が購入するべきでしょう。

    CBDペン、CBDオイル、CBDグミを特徴別に解説するので、それらを参考に購入するべきものを選ぶと失敗する確率が減ります。

    CBDペンの特徴5つ(メリット・デメリット)

    CBDペンの特徴5つをメリット、デメリットを混ぜつつ紹介。

  • 煙(水蒸気)での摂取
  • タバコの代わりになる
  • 即効性がある
  • 効果の持続時間が短い
  • 肺へのダメージあり

  • メリット、デメリットはあるもののやはり喫煙者向けの摂取方法に部類するでしょう。
    ちなみに、学生がCBDペンを使うことができるのかと疑問を抱く方もいると思うので、そういった方に向けても解説します。

    結論、学生でもCBDを摂取することは可能ですが、CBDペンを購入することはできないことが多いです。
    企業によってはCBDペンの対象年齢を決めているところもあるので、気になる方は確認してみてください。

    CBDオイルの特徴5つ(メリット・デメリット)

    続いて、CBDオイルの特徴を解説。それが下記の通りです。

  • 効果持続時間は長い
  • 即効性なし
  • 使用用途が多い
  • 初心者でも始めやすい
  • 使い方が簡単

  • こういった特徴があります。
    CBDオイルは初心者向けで、使い方や使用用途も多くあることから誰が購入しても、無難に使用することが可能です。

    初めてCBDを使うならCBDオイルを選ぶとよいでしょう。

    CBDグミの特徴5つ(メリット・デメリット)

    最後に、CBDグミの特徴を紹介します。それが下記の通りです。

  • CBD特有の苦みや草っぽさがない
  • 食べるだけというお手軽さ
  • 即効性なし
  • 効果持続時間長め
  • 過剰摂取の危険性あり

  • CBDグミは普通のグミとなんら変わりません。その結果、CBDグミを食べ過ぎてしまう方もいるので注意が必要です。
    味や、匂いに草っぽさがないため誰でも簡単に使うことができます。

    ただ、CBDペンのような即効性はなく、CBDオイルと同様じわじわとCBDを感じる形です。

    CBD特有の匂いや味が苦手なのであれば、CBDグミでCBDを試すと良いでしょう。

    CBDペンのメリットとデメリットをまとめる

    最後にこの記事の内容をまとめていきます。本記事の内容としては、下記の通りでした。

  • CBDペンのメリットとデメリット
  • CBDペンとCBDオイル、CBDグミの違い
  • CBDペン、CBDグミ、CBDオイルの特徴

  • 上記の通り。
    CBDペンのメリットとデメリットはそれぞれ2つありました。

  • メリット①:即効性がある
  • メリット②:ニコチンやタールが入っていない
  • デメリット①:肺にダメージあり
  • デメリット②:効果持続時間が短い

  • こういったメリットとデメリットがあり、喫煙者やたばこが気になっている方向け。
    未成年者や、学生の方は購入できないことがあるので注意が必要です。

    CBDオイルやグミと比較して解説すると即効性があることや、効果継続時間のなさが目立ちます。
    結論、喫煙者とか出なければCBDオイルやCBDグミで良いでしょう。

    それでは、今回はこの辺で終わります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です