に投稿 2件のコメント

CBDフルスペクトラムとCBDブロードスペクトラムの違いを解説!

CBDフルスペクトラムとCBDブロードスペクトラム

本記事では、CBDフルスペクトラムとCBDブロードスペクトラム、そしてCBDアイソレートの違いについて解説しています。

よく、CBD商品を調べると、フルスペクトラムとかブロードスペクトラムとか出てきて、「何のことかさっぱり!」という方も多いはず。

結局、フルスペクトラムとブロードスペクトラム、アイソレートどれを選べば良いのか分からない方もいるでしょう。そういった方向けに記事を書いています。

~この記事で分かること~
・CBDフルスペクトラムとブロードスペクトラム、アイソレートの違い
・CBD商品を購入するとき何を選べば良いか
・CBD商品を安全に購入するための注意事項

この記事を最後まで読むことで、上記の内容について学ぶことができます。

さて、早速本題へ入っていきます。

CBDフルスペクトラムとCBDブロードスペクトラムとアイソレートの違いについて解説!

CBDフルスペクトラムとCBDブロードスペクトラム、そしてCBDアイソレートという3つの違いを解説。

そもそも、CBD商品はCBDフルスペクトラムとCBDブロードスペクトラム、CBDアイソレートという3つの種類について分けることができます。

それぞれどんな特徴、どんなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

CBDフルスペクトラムとは?

CBDフルスペクトラムとは、麻に含まれる全ての成分を含んだCBD商品のことです。

full spectrum:全範囲、全領域という意味

麻に入っている成分を、全て使用してCBD商品を製作すると、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

~メリット~
・安く購入することができる
→特定の成分だけを抽出する作業を省くことができるため

・CBDの効果を高めることができる
→テルペンやビタミンなども摂取できてCBDとの相乗効果が期待できる

~デメリット~
・人体に悪影響を与える可能性がある
→抽出作業を省いているので麻が殺虫剤や汚染土壌などの影響を受けている

・THCを含んでいる可能性がある(日本では違法)
→抽出作業をしていないため

このようなメリットとデメリットがCBDフルスペクトラムにはあります。

抽出作業を省いていることで、安く購入はできますが、人体に影響がある物質を含んでいる可能性があったり、日本では違法とされるTHCを含んでいる可能性があるので、日本で使用するにはリスクが高いです。

CBDブロードスペクトラムとは?

CBDブロードスペクトラムとは、THCを抽出作業において除去したCBD製品を指します。(CBD以外のカンナビノイド成分も含んだCBD製品)

broad spectrum:広範囲、広分野

THCを除去したCBD製品には、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

~メリット~
・CBDの効果を多少高めることができる
→THC以外のカンナビノイド成分も含んでいるため相乗効果が期待できる

・安全性と相乗効果を備えている
→THCが入っていないので日本でも合法であり、相乗効果も得ることができる

~デメリット~
・値段が高い
→THCを除去するために抽出作業があるので値段が高い

このようなメリットやデメリットがCBDブロードスペクトラムにはあります。

抽出作業を行っているため、その分フルスペクトラムよりも効果なCBD製品にはなってしまうものの、日本でも販売されていることが多いです。それに加えて、CBD以外の成分も入っているので相乗効果も受けられるメリットがあります。

CBDアイソレートとは?

CBDアイソレートとは、大麻草からCBDを99%以上の濃度で分離した純粋なCBDの結晶粉末のことで、別名CBDクリスタルと呼ばれています。CBD以外の成分は含まれていません。

isolate:隔離、分離、孤独

CBDしか入っていないアイソレートにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

~メリット~
・安全性が高い
→THCや人体に悪影響を及ぼす可能性のある成分は全て除去されていて99%CBDなので安全

・使い道が多い
CBDアイソレートの多くはパウダーなどの粉末になっているため、オイルに混ぜたりと使い道が多い

~デメリット~
・相乗効果がない
→CBDしか含まれていないので、相乗効果がないのでフルスペクトラムやブロードスペクトラムと違い相乗効果はない

・値段が高い
→抽出作業を行っているため、値段が高いです

このようなメリットやデメリットが、CBDアイソレートにはあります。

THCや悪影響を及ぼす可能性のある成分など全て除去し、99%CBDとなっているため、安全性はかなり高いです。ですが、CBDと合わさり相乗効果を引き出す成分も排除されてしまっているので、効果はCBD単体となり、低めになっています。

結論:CBDアイソレートかCBDブロードスペクトラムを購入すればOK!

CBDフルスペクトラムはブロードスペクトラムやアイソレートと違い、抽出作業を行っていないので、日本で購入、使用するには不安が残ります。

なので、CBDブロードスペクトラムやCBDアイソレートを購入するのが無難。CBDをこれから始めるって方は特にCBDアイソレートから始めると不安もないでしょう。

実際に、CBDアイソレートなどは、厚生労働省に認可されているCBD商品が多いです。

その厚生労働省に認可されているCBD商品のひとつがAlpentolのCBDオイル。絶対に日本で購入しても安全なものが欲しい方に向けて作りました。

CBD商品を安全に購入するための注意事項!

CBDフルスペクトラムとCBDブロードスペクトラム

CBD商品を安全に購入するための注意事項について解説します。

CBD商品を購入する前に3つを確認するべき

CBD商品を購入する前に3つのことについて確認しましょう。それが下記の通り。

・その①:THCが入っていないか確認
・その②:CBD商品に使われている部位の確認
・その③:フルスペクトラムではなかいか確認

上記の3つについて確認してください。THCが入っていないのか確認しないで輸入すると最悪捕まってしまいます。また、日本では、麻の種もしくは茎を使用したCBD商品しか使えません。この点についても確認しましょう。

また、安全といってもCBDフルスペクトラムは避けるべきです。日本で販売しているCBDフルスペクトラムは、実際CBDブロードスペクトラムであるでしょう。しかし、万が一のこともありますし、リスクは避けるべきです。

なので、フルスペクトラムとは違う、ブロードスペクトラムやアイソレートを購入すると安心でしょう。

それでも不安な方は、厚生労働省に認可されているCBD商品を購入すれば完璧問題ありません。

厚生労働省に認可されているCBDオイルを見てみる

疑問:CBDフルスペクトラムが販売しているのはなぜ?

そもそも、CBDフルスペクトラムって日本でも販売しています。ではなぜ、日本でも販売されているのでしょうか。

日本で販売されているCBD商品の大半は海外から輸入したものです。輸入したCBD商品がフルスペクトラムでもTHC量が0.3%未満だと、ハイになったり、陶酔効果が出ることはありません。そのため、本当に微量なものは日本に入ってきてしまうのです。

ですが、日本で薬物テストを受けた際に違法になる可能性はありますし、実際にTHCが入っているわけなので違法と考え、避けましょう。

まとめ:CBDフルスペクトラムは購入するべきではない

さて、今回はこの辺で終わります。最後にこの記事の内容をまとめるので確認してください。

・CBDフルスペクトラムはデメリット(危険性)が多い
・CBDブロードスペクトラムは効果だが相乗効果を得られる
・CBDアイソレートは安全性がかなり高い
・CBDを購入するなら3つの注意事項を確認
・CBDを安全に購入するなら厚生労働省に認可されているもの

上記の通りです。フルスペクトラム、ブロードスペクトラム、アイソレート、それぞれメリットやデメリットがありますがしっかりと自分に合ったものを選んでいきましょう。

CBD初心者であれば、安全性を求めて厚生労働省に認可されているものを購入するのが無難です。

厚生労働省に認可されているCBD商品はこちら

CBDフルスペクトラムとCBDブロードスペクトラムの違いを解説!」への2件のフィードバック

  1. […] 上記の通りです。この中でキマった感覚を味わえるのは「CBDフルスペクトラム」でしょう。3つの違いについて知らない方は「CBDフルスペクトラムとCBDブロードスペクトラムの違いを解説!」で解説しています。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です