に投稿 1件のコメント

CBDアイソレートとは?【メリットとデメリットを交えながら解説】

CBDアイソレートとは

本記事では、CBDアイソレートとはなにか?というのを中心に解説していきます。その中で、メリットやデメリットを交えながら解説するため、CBD初心者の方は知っておいて損はありません。

また、「CBDアイソレート」という単語は、CBD業界では誰でも知っているような基本的なものであるため、この機会に覚えてしまいましょう。

~この記事で分かること~
・CBDアイソレートとは?
・CBDアイソレートを選ぶメリット&デメリット
・CBDアイソレートの使い方について

この記事を最後まで読むことで、上記の3つについて知ることができます。それでは、早速本題へ。


CBDアイソレートとは?【メリットとデメリットを交えて解説】

CBDアイソレートとは?【メリットとデメリットを交えて解説】

そもそも、CBDアイソレートとは何なのでしょうか。CBDアイソレートとは、麻からCBDの成分だけを99%以上の濃度で抽出した純粋なCBDの結晶のことです。

一般的にCBD商品は、他の成分も一緒に入ってきます。例えば、CBDアイソレートではないCBD商品であれば、テルペンやビタミンなどの成分も一緒に含まれているのが基本です。ですが、CBDアイソレートの場合、99%以上がCBDであるため他の成分を無駄に摂取する必要がありません。

そのため、純粋にCBDだけを摂取したい方に、CBDアイソレートは選ばれています。

CBDアイソレートのメリットとデメリットについて比較しながら解説!

突然ですが、「CBDアイソレート」のほかに「CBDフルスペクトラム」「CBDブロードスペクトラム」といった単語を聞いたことはありませんか?

これらは、CBDを抽出したか、していないか、THCだけを取り除いていないか、どうかなどによって、名前が異なっています。「CBDフルスペクトラム」「CBDブロードスペクトラム」について詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

CBDフルスペクトラムとCBDブロードスペクトラムの違いを解説!

話が少しずれてしまいましたが、「CBDアイソレート」のメリット、デメリットを「CBDフルスペクトラム」や「CBDブロードスペクトラム」と比較しつつ解説していきます。

・メリット①:安全性が高い
・メリット②:好きな使い方ができる
・デメリット①:相乗効果がない
・デメリット②:多少値段は高め

上記がCBDアイソレートのメリットとデメリットとなっております。それぞれ詳しく見ていきましょう。

・メリット①:安全性が高い

まず、メリットの1つ目は「安全性が高い」です。

CBDアイソレートは、CBD濃度が99%であり、純粋にCBDだけを摂取することができます。CBD濃度が99%であることと、安全性がつながっている理由は下記の通りです。

・理由①:人体に影響がある農薬や不純物がないから
・理由②:日本ではCBDしか認められていないから


この2つが主な理由でしょう。身体的な安全性と法律的な安全性の2つを兼ね備えているのがCBDアイソレートなのです。CBDは麻から抽出されますが、この麻は海外のものが一般的。そのため、土壌汚染されたところで育てられている可能性もありますし、農薬をかなり使っていることも想定できます。

すると、CBDアイソレートのようにCBDだけを抽出したものでなければ、身体に影響がある場合があるのです。ちなみに、何も手を加えず全ての成分を使ったCBD商品を、CBDフルスペクトラムと呼びます。

ここまでをまとめると、農薬やTHCなどが入っていないCBDアイソレートは身体的な安全性が高いということになります。




では、法律的に安全というのは、どういうことなのでしょうか。それは、99%という高い濃度でCBDを抽出しているため、THCなども入っておらず、純粋にCBDだけということです。日本では、THCの所持などは禁止されています。

というのも、THCは陶酔効果がありハイになったり酔った感じになるため、日本では禁止とされているのです。そのため、CBDアイソレートは日本でも安心して所持もできるし、使用もできます。

CBDフルスペクトラムやCBDブロードスペクトラムの場合、THCが含まれている可能性も考えられるため、日本で使用する分には絶対に安全ということができません。しかし、CBDアイソレートであれば、日本の法律に遵守しているため安全に使用できます。

結論、CBDアイソレートは身体的にも法律的にも安全性が高いです。

・メリット②:好きな使い方ができる

次に2つ目のメリットは「好きな使い方ができる」です。

というのも、CBDアイソレートは別名「CBDクリスタル」「CBDパウダー」とも呼ばれています。形状は、粉末。そのため、CBDアイソレートをオイルに溶かしたり、「食べ物」や「飲み物」に混ぜて摂取することができるのです。

無味無臭であるため、気になることは基本的にありません。実際に、オイルに混ぜて使用したり、チョコに混ぜて食べたりしている方も多くいます。ちなみに、CBDアイソレートと組み合わせたCBDチョコレートについて知りたい方は下記の記事を見てみると良いです。

また、CBDアイソレートを混ぜたCBDオイルは下記などがあります。参考にどうぞ。

AlpentolのCBDオイル

このように、CBDアイソレートは多くの使い方ができます。いちいち混ぜるのが面倒くさい方は、CBDアイソレートが混ざってあるものを購入することも可能です。

CBDアイソレートの商品一覧

・デメリット①:相乗効果がない

デメリットの1つ目は「相乗効果がない」です。

理由は、CBDアイソレートは99%という高い濃度のため、本当にCBDしか入っていないから。というのも、CBDの効果というのはテルペンなどの成分と一緒に摂取することで、CBD単体で摂取するよりも高い効果を得られるといわれています。しかし、CBDアイソレートはCBDが99%のたえ、他の成分は入っていません。そのため、CBDが相乗効果を受けて体に取り込まれることがないのです。

CBDを高めて摂取したい場合は、CBDブロードスペクトラムを摂取する方が多いでしょう。とはいえ、先ほども書いた後おり、安全性に不安がある方はCBDアイソレートにしておいた方が良いです。

まとめると、CBDアイソレートはCBD単体での摂取になるため相乗効果を受けることができません。

・デメリット②:多少値段は高め

最後に、デメリットの2つ目は「多少値段は高め」です。

というのも、CBDアイソレートは99%という高い濃度でCBDを抽出しています。しかし、CBDフルスペクトラムは何も手を加えていないため抽出する手間が省けています。そのため、2つを比較した際にCBDアイソレートの方が手間がかかっているためその分値段が上乗せされてしまうということです。ちなみに、CBDブロードスペクトラムも抽出工程があるため値段は高め。

日本では、THCが禁止のためフルスペクトラムが販売されているのは見ませんが、海外では値段に差がついていることが普通です。安全性をとるか、値段を取るかという話になります。

まとめ:CBDアイソレートとは?

まとめ:CBDアイソレートとは?

さて、本記事はこの辺で終わります。最後にこの記事の内容をまとめました。

これからCBDを使ってみようかなという方は、CBDアイソレートから始めるのが良いでしょう。たしかに値段は少し張るかもしれませんが、身体的影響や法律的な安全性を考えると間違いなくCBDアイソレートから始めるべきです。

CBDアイソレートから始めるといっても何を購入すれば良いか分からない方もいるかもしれません。そんな方は、厚生労働省に認可されているCBD商品を購入していればまず間違いないです。

例えば、下記の商品なんかはCBD初心者でも始めやすいと思います。

AlpentolのCBDオイル
AlpentolのCBDオイル|CBDアイソレート

上記はCBDオイルなのですが、CBDアイソレートをオイルに混ぜたものです。厚生労働省にもしっかりと認可されているので安心・安全です。CBDの基本的な摂取方法としてはオイルが一般的なので、「CBDオイルを購入して失敗した!」ということがありません。

気になった方は気軽に見てみてください。それでは、今回はこの辺で終わります。最後までお読みいただきありがとうございました。

CBDアイソレートとは?【メリットとデメリットを交えながら解説】」への1件のフィードバック

  1. […] 最後まで読むと上記の2点について知ることができます。もしも、「CBDの効果よりも、メリットとかデメリットの方が知りたかった。」という方はCBDアイソレートとは?【メリットとデメリットを交えながら解説】でメリットやデメリットについて書いていますのでそちらを参考もしてください。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です