に投稿 コメントを残す

CBDオイルが禁止な理由は2つある【安全確認必須です】

CBDオイル

本記事では、CBDオイルが現在禁止されているのか、違法性がないのかなどについて解説しています。実際に、この先CBDオイルを試したい方けど、日本で禁止になっていないか心配という方もいるはず。

そういった方はぜひこの記事の内容を読んで参考にしてください。

~この記事を読むべき人~
・これからCBDを始めたいけど不安な方
・CBDオイルが日本で禁止なものじゃないか不安な方

こういった方向けに記事を書いているので、当てはまる方は読むべきです。また、この記事を最後まで読むと下記のようなことが分かります。

~この記事で分かること~
・CBDオイルは日本で禁止されているかどうか
・日本で禁止されているCBDオイルの2つの理由
・CBDオイルを購入する際の注意点3つ

こういったことが分かります。最後には、「安心してCBDオイルを購入することができる」「安全なCBDオイルを見分ける」までの知識がついてます。では、早速本題へ。

CBDオイルは日本で禁止されているのか解説します

CBDオイルが日本で禁止とされているのかを解説していきます。結論から言うと、一部の商品は禁止になっています。

しかし、基本的にはCBDオイルはOKとされているでしょう。実際に、CBDオイルは禁止じゃないか心配あという方も多いと思うので、購入できる場所を下記に記載しておきます。

~CBDオイルを購入できる場所~
・ドンキホーテ
・楽天
・Amazon
・渋谷などのCBDショップ

上記のような場所で販売されています。ドンキホーテなどで購入できるということは、日本でしっかりと認可されていて、禁止ではないことが分かっていただけると思います。

では、逆に日本で禁止とされているCBDオイルはどんなものなのでしょうか。具体的に解説していきます。

日本で禁止されているCBDオイルの理由2つ

日本で禁止されているCBDオイルの理由は2つあります。それが下記の通りです。

・その①:THCが入っている
・その②:麻の使用部位がNG

日本で禁止されているCBDオイルはこの2つのどちらかに、この2つが当てはまっているということになります。注意してください。

・その①:THCが入っている

まず、日本で禁止されているCBDオイルの理由1つ目は「一定以上のTHCが入っている」です。

というのも、日本ではTHCという成分は陶酔効果などがあるため禁止されています。全くゼロではないといけないわけではないですが、一般的にTHCはフリーでないといけません。

例えば、THCが入ったCBDオイルなどを海外から輸入したり、使用すると逮捕される可能性がありますので絶対にやめて下さい。しっかりとCBDオイルは安全なのかどうかを確認したうえで購入するようにしましょう。

結論、THCがフリーであるかを確認してください。THCが入っているCBDオイルは日本では禁止されているので、輸入などもしてはいけません。

・その②:麻の使用部位がNG

次に、日本で禁止されているCBDオイルの理由2つ目は「麻の使用部位がNG」です。

というのも、日本で扱っても良いとされている麻の部位は決まっています。そのため、日本で扱ってはいけない部位から精製されたCBDオイルは禁止となっています。

例えば、「THCがフリーだから大丈夫!」といってCBDオイルを海外から輸入した時に、日本では禁止されている部位から精製されたCBDオイルだとアウトです。なので、しっかいろtどこの部位を使用して精製されたCBDオイルなのか確かめましょう。

ちなみに、日本で扱うことが許されている麻の部位は「種」「茎」のみです。花などはNGなので、絶対に輸入する際や購入する際に注意してください。

CBDオイルを購入する際の注意点3つ

CBDオイルで禁止されている理由2つが分かったところで、どんなことについて注意しながらCBDオイルを購入すれば良いのか解説してきます。購入する際の注意点は全部で3つあり、それが下記の通りです。

・注意点①:THCフリーかを確認
・注意点②:使用している部位を確認
・注意点③:厚生労働省に認可されているか確認

日本で禁止されている理由と軽くかぶっていますが、この3つについて注意して購入するようにしてください。では、具体的に解説していきます。

・注意点①:THCフリーかを確認

まず、1つ目に「THCがフリーかを確認」しましょう。

確認する方法は、簡単です。購入したいCBDオイルの企業にTHCやCBDの割合がどのくらいなのかが分かる成分表が欲しいと連絡すれば、送ってくれるはずです。逆に、拒否された会社からCBDオイルを購入するのは、避けた方が良いでしょう。

しっかりと、日本でも販売しつつ、成分表を送ってくれる企業でCBDオイルを購入するのが一番安全であり、安心です。

・注意点②:使用している部位を確認

2つ目に「使用している部位を確認」しましょう。

これ、海外からCBDオイルを輸入する場合、しっかりと確認するべきです。というのも、日本では麻の「種」や「茎」でないといけませんが、海外では、花がOKとされている国もあります。そのため、日本の法律関係なしでCBDオイルを作っている場合があるので、麻のどこの部位を使用してCBDオイルを作ったのかは必ず確認してください。

ちなみに、お問い合わせフォームから確認したいとの旨を書いたメールを送るだけですので簡単です。また、英語でなくて、日本語で書いても返信が返って売ることが多いので、ご安心ください。

・注意点③:厚生労働省に認可されているか確認

最後の3つ目は、「厚生労働省に認可されているかの確認」をしましょう。

CBDオイルは海外から輸入する際に厚生労働省が許可したり拒否したりします。そのため、購入するCBDオイルが海外のものであったりする場合は、厚生労働省認可のもと、購入できるかを確認するべきです。

ちなみに、厚生労働省に認可されているかどうかは、下記のような印があったり、厚生労働省に認められている証明書をくれたりします。なので、購入する前に、「貴社のCBDオイルは厚生労働省に認可されているか?」と聞いてみると安心です。

AlpentolのCBDオイルは厚生労働省に認可されており、THCフリー、麻の使用部位もしっかりとしておりますのでご安心ください。その証拠が下記の通りです。

このように、厚生労働省に認められていることが分かると安心です。

AlpentolのCBDオイルはこちら!

まとめ:CBDオイルは日本で禁止なのか?

さて、今回はこの辺で終わります。最後にこの記事の内容のまとめをしていきましょう。

・CBDオイルは日本で禁止されているかどうか
→CBDオイルは禁止されていない(一部例外)


・日本で禁止されているCBDオイルの2つの理由
→THCが入っているor使用部位が違法


・CBDオイルを購入する際の注意点3つ
→THCフリーを確認、使用部位を確認、厚生労働省に認可されているか確認

上記の3点に注意するだけで、日本で禁止されているCBDオイルを購入することがなくなります。逆に、確認せずに安心だろうと思い込んで購入してしまうと、思いもよらないトラブルに巻き込まれたりするので注意してください。

CBDオイルはしっかりと安心安全なものを購入、使用していきましょう。では、今回の内容は以上となります。

Alpentolの安心安全のCBDオイルはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です