に投稿 コメントを残す

CBDの巻きタバコにCBDパウダーを使っている必見!【合法なハッシュあり】

本記事では、「巻き煙草にCBDパウダーを混ぜて吸っている方」向けに解説しています。

CBDパウダーもいいけどもっとCBDを感じるものが良いです。CBDを強く感じるCBD商品はありませんか?こういった質問、疑問にお答えしていきます。

~この記事で分かること~
  • 合法なハッシュについて解説する
  • CBDパウダーとCBDハッシュの違い

  • 上記の2点について解説していきます。また、CBDハッシュを使ったCBD巻き煙草を作る方法も解説しているので、是非参考にどうぞ。

    ※本記事ではCBDハシシを使った巻き煙草について解説していますが、健康上の理由より煙草を吸うことを推奨はしておりませんので、ご理解ください。

    CBD巻き煙草にCBDパウダーを使っている人向け!CBDハシシを推奨する

    CBD巻き煙草にCBDパウダーを使っている人向け!CBDハシシを推奨する

    巻き煙草にCBDパウダーを混ぜて使っている人方向けに今回はCBDハシシもあると解説していきます。

    CBDパウダーというと、CBDアイソレートやCBDブロードスペクトルがあります。CBDパウダーを巻き煙草に混ぜて吸っている方は多いでしょう。しかし使用者の中には飽きてきた方や、効果が薄まってきたという方もいるはず。

    そういった方はぜひCBDハシシを使ってみてください。

    CBDハシシとは何?

    そもそもCBDハシシとは何なのでしょうか。

    ハシシとは、トリコームと呼ばれる有茎の樹脂腺を圧搾または精製して作られる大麻製品のことです。ハシシの前にCBDがつくと、THCなどの違法成分が含まれていないハシシになります。

    一般的な海外で使用されているハシシは麻の花や茎、葉などから製作されています。ですが、日本で「成熟した茎」「種子」以外の部位を使用したCBD商品は違法とされています。

    では、日本でCBDハシシは使用できないのでしょうか?

    CBDハシシって合法なの?【厚生労働省に認可されている】

    結論から書くと、Alpentolで製作されたCBDハシシは合法です。

    というのも、Alpentolで製作したCBDハシシは日本の法律に完全遵守しており、日本人向けに作られたものとなっています。特徴としては下記の通り。

  • THCフリー
  • 成熟した茎から製作

  • 完全に日本の法律に遵守しています。それに加えて、本物の麻に似せようと天然の香料を使用しているため、今まで使用してきたCBD商品とは別格です。

    それに加えて安全性に関しては厚生労働省が認可しており、輸入することも可能ですし、日本の企業と提携を結んでいるのですぐに購入することができます。

    CBDハシシは巻き煙草以外にも使用方法あり

    CBDハシシはCBDパウダーと同じように様々な使い方があります。例えば下記の通りです。

  • 巻き煙草に混ぜる
  • 飲食物に混ぜる
  • そのまま食べる

  • こういったものがあります。CBDハシシは乳製品に溶けやすいので、ヨーグルトなんかに砕いたCBDハシシを入れて食べると効率よくCBDを摂取できます。また、CBDハシシの香りが良いのでヨーグルトと相まってすごく美味しくストレスフリーで摂取することが可能です。

    CBD巻き煙草にハシシを使用する方法を解説!【ステップ5つ】

    CBD巻き煙草にハシシを使用する方法を解説!【ステップ5つ】

    では、CBD巻き煙草にCBDハシシを使用するにはどのようにすれば良いのでしょうか?結論、下記の5ステップで簡単に使うことができますよ。

  • ステップ①:CBDハシシと巻き煙草を用意
  • ステップ②:CBDハシシを細かくする
  • ステップ③:煙草の中身を取り出す
  • ステップ④:CBDハシシと巻き煙草の中身を混ぜる
  • ステップ⑤:CBD巻き煙草を作り上げる(完成)

  • 上記の5ステップで簡単にCBD巻き煙草を作れるので、それぞれ具体的に解説していきます。

    ステップ①:CBDハシシと巻き煙草を用意する

    まず初めに「CBDハシシと巻き煙草を用意」しましょう。

    巻き煙草はいつも使用しているもので構いません。次に、CBDハシシを用意してください。こちらは、日本の法律にしっかりと遵守しているものにいましょう。例えば、AlpentolのCBDハシシとかです。

    よく調べないで海外から輸入してしまうと逮捕されてしまう恐れがあるので、注意してください。

    CBDと逮捕に関する記事はで詳しく解説しているので、海外から輸入しようとしている方は読んでおきましょう。

    ステップ②:CBDハシシを細かくする

    次に、用意したCBDハシシを細かくしていきます

    CBDハシシは固形物のため手指で形を変えることも可能ですし、指ですり潰して粉々にすることも可能です。なので、CBDハシシを煙草と混ぜ合わせるために指で粉々にすりつぶしてください。

    できるだけ細かい方が良いです。

    ちなみに、CBDハシシ1つで大体3回分くらい使用することができます。

    ステップ③:煙草の中身を取り出す

    続いて、煙草の中身を取り出していきましょう。

    煙草を1本取り出し、紙を破いてください。すると煙草の原料となっているものが出てきます。

    こちらは、粉々にせずにそのままの状態で使用します。

    ステップ④:CBDハシシと巻き煙草の中身を混ぜる

    次は先ほど粉々にしたCBDハシシと、煙草を破いて出てきた中身を混ぜます。

    混ぜ方の注意点は特になく普通に混ぜていただければ問題ありません。強いて言うなら偏りがないように混ぜてください。

    しっかりと混ぜ終えたら、いよいよ最後にCBD巻き煙草を作り上げていく段階に移ります。

    ステップ⑤:CBD巻き煙草を作り上げる(完成)

    最後にCBD巻き煙草を作り上げていきましょう。

    必要なものは「手巻き煙草ペーパー」です。この手巻き用ペーパーは一般的な通販サイトで販売しているので、誰でも気軽に購入できます。値段は、1,000円弱。そんなに高価なものではないので、購入し使用してください。

    手巻き用ペーパーを1枚取り出して、その上に先ほど混ぜたCBDハシシと煙草の中身をおいてください。

    そのあとは、半分に折って巻いていけば完成です。

    まとめ:CBDハシシと巻き煙草について

    最後に本記事の内容をまとめていきます。本記事ではCBDパウダーと煙草を混ぜて使用している方向けに解説してきました。もちろん、CBDパウダーと煙草を混ぜると良いですが、他の方法としてCBDハシシと煙草を混ぜる方法もありでしょう。

    CBDパウダーよりも強くCBDを感じことができるので、CBDパウダーに飽きてきた方はぜひ試してみてください。

    CBDハシシと巻き煙草を組み合わせて使用する方法は下記の通りです。

  • ステップ①:CBDハシシと巻き煙草を用意
  • ステップ②:CBDハシシを細かくする
  • ステップ③:煙草の中身を取り出す
  • ステップ④:CBDハシシと巻き煙草の中身を混ぜる
  • ステップ⑤:CBD巻き煙草を作り上げる(完成)

  • 日本で完全合法なCBDハシシは現在、Alpentolでしか販売していないので気になった方は見てみると良いでしょう。それでは本記事は終わります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です