に投稿 コメントを残す

CBDオイルは効果が出るまでどのくらい時間がかかるのか?【結論:本記事3行目】

本記事では、CBDオイルと効果が出るまでの時間について解説しています。結論から書くと、「CBDオイルのCBD含有率によって異なりますし、個人差があります。」

ですが、これだと何も分からないと思うので、おおよその予想を書くと「30分~2時間」くらいです。30分~2時間も待てば効果はあらわれることでしょう。

CBDオイルの効果が出るまでの時間だけでなく「どのくらい効果が続くのか」や「効果的なCBDオイルの使い方」についても解説していくのでCBDオイルをこれから使いたい思っている方はぜひお読みください。

それでは、早速本題へ入っていきます。

CBDオイルは効果が出るまでどのくらい時間がかかる?【結論:30分~2時間】

CBDオイルは効果が出るまでどのくらい時間がかかる?【結論:30分~2時間】

結論は先ほど書いた通りですが、CBDオイルの効果が出るまでの時間は大体30分~2時間の間です。

この効果が出るまでの時間というのはCBDの摂取方法によって変わったり、CBD含有量によって変わったりするので、詳しく解説していきます。

CBDオイルは効果が出るまでが長い【効果の持続時間は長い】

様々なCBDの摂取方法があります。その中でもCBDオイルは効果が出るまでの時間が比較的「長め」です。

では、摂取方法によってどのくらい効果が出るはやさや、効果の持続時間が変わるのか見ていきましょう。

本記事では3つの摂取方法を例として解説していきます。それが下記の通りです。

  • CBDオイル
  • CBDグミ
  • CBDペン(リキッド)

  • それぞれ具体的に解説します。

    その①:CBDオイルでの摂取

    CBDオイルの効果があらわれるまでの時間は30分~2時間ほどであり、効果の持続時間としては6~12時間ほど。

    ちなみに、CBDオイルを摂取した分だけ体内に取り込むことができるわけではなく、摂取した量の5~20%が取り込まれることが分かっています。

    また、CBDオイルを摂取する場所によってもCBDの摂取効率が変わってきます。舌下でCBDを取り入れるのが一番良いと言われているため、すぐに飲み込むのは控えましょう。

    その②:CBDグミでの摂取

    次に、CBDグミで摂取した場合を解説していきます。CBDグミで摂取したときの効果が出るまでの時間はCBDオイルとあまり変わらず、30分~2時間ほどです。

    そして、効果持続時間はおおよそ6~12時間

    CBDオイルと同じように舌下で摂取するのか、口内全体で摂取するのかによって違いが出てくるので、グミだからと言ってすぐに噛んで飲み込むのは控えるべきです。

    その③:CBDペン(リキッド)での摂取

    CBDペン(リキッド)というのは簡単にいうと電子タバコでCBDを摂取することを指します。そのため、口内からの摂取はなく、肺からの摂取になります。

    CBDの効果が出るまでの時間は、CBDオイルやCBDグミとは異なり大体0分~30分ほどと早めになっています。しかし効果の持続時間は短めの1時間。

    即効性はありますが、持続時間が短いです。

    CBDオイルやCBDグミ、CBDペンによって特徴が変わっているので自分んお生活スタイルに合わせて使用してください。

    CBDオイルの効果的な摂取時間はどのタイミングか?

    CBDオイルを使用してから効果が出るまでの時間をなんとなく分かってもらえたところで、次はどのタイミングで使用すれば良いのかを解説していきます。

    結論、効果が欲しくなる時間から逆算して摂取するようにしてください。

    どのように逆算すれば良いか。先ほど解説したCBDの摂取方法別、効果が出るまでの時間を参考に使ってもらうのが良いでしょう。

    ちなみに、使用してはいけないタイミングなどはなく、いつでも使用することが可能です。

    CBDオイルの効果を感じるために行う3つのポイント

    CBDオイルの効果を感じるために行う3つのポイント

    CBDオイルの効果を感じるために行う3つのポイントについて解説。下記の3つを意識するようにしましょう。

  • ポイント①:毎日CBDオイルを摂取する
  • ポイント②:少しずつCBD摂取量を増やす
  • ポイント③:1日のCBD摂取量を分散させる

  • それぞれ具体的に解説していきます。

    ポイント①:毎日CBDオイルを摂取する

    CBDオイルを摂取したばかりであるのであれば「長期的に使用する」ようにしましょう。というのも、CBDには即効性はありません。そのため、長く使用していないと分からないことがあります。

    CBDの効果に期待している方であれば、数日試すだけでなく長期的に使用してどんな変化を見るようにしていきましょう。

    これが1つ目のポイントです。

    ポイント②:少しずつCBD摂取量を増やす

    次のポイントは「少しずつCBD摂取量を増やす」です。

    CBDは一度に多くの量を摂取してしまうと、副作用があらわれたりします。一部の本やサイトによっては副作用はないと書かれていますが、CBDはまだまだ分かっていないこともありますし、実際に副作用があらわれたという方もいるので、過剰摂取は避けるべきでしょう。

    まずは、少量のCBDから始めて効果が内容であれば、徐々に摂取量を増やしていくことを推奨します。

    ポイント③:1日のCBD摂取量を分散させる

    CBDを効果的に感じるポイントの3つ目は「1日のCBD摂取量を分散させる」です。

    どういうことか、疑問に思う方もいるでしょう。詳しく解説すると、1日のCBD量が決まっているのであれば、それを1日の中で数回に分けて摂取しようということです。

    例えば、1日で30mgものCBDを摂取したいのであれば、朝起きて15mg摂取。夜寝る前に15mg摂取といった感じです。

    このように数回に分けてCBDを摂取することで、常にCBDが体内にある状態になるので効率の良い摂取方法と言えるでしょう。

  • ポイント①:毎日CBDオイルを摂取する
  • ポイント②:少しずつCBD摂取量を増やす
  • ポイント③:1日のCBD摂取量を分散させる

  • 上記の3つはCBDオイルを効率よく感じるためのポイントなので、参考にしてください。

    CBDオイルの効果が出るまでの時間についてまとめる

    本記事の内容はこの辺で終わります。最後に今回解説した内容をまとめていきます。

  • CBDは効果が出るまでの時間はどのくらいか?
  • CBDオイルの効果はどのくらい続くのか?
  • 効果的なCBDオイルの使い方とは?

  • こういった内容について解説してきました。CBDは効果が出るまでどのくらいの時間がかかるのか?個人差やCBDオイルの濃度によって違いはありますが、大体「30分~2時間ほど」です。

    そして、CBDオイルの効果継続時間は「6~12時間ほど」と言われています。摂取方法によって効果が出るまでの時間、効果継続時間は変わるので注意してください。

    効果的なCBDオイルの使い方としては、下記の3つにポイントを意識すればOKです。

  • ポイント①:毎日CBDオイルを摂取する
  • ポイント②:少しずつCBD摂取量を増やす
  • ポイント③:1日のCBD摂取量を分散させる

  • こういったCBDの情報や、ポイントを意識しつつCBDオイルを試していくと、効率よく試していくことができるので、お試しください。

    それでは、本記事の内容を終わります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です